なんでわたしが???

別れたあと、少しパニックになってしまったと思います。

大丈夫でしょうか?

少し落ち着いたころで、この記事を読んでもいいと思います。

 

さて、どうしても復縁では「待ち」という姿勢が求められます。

これに耐えきれずに、失敗してしまう方が多いです。

今回は、別れたケース別に「元彼を信じて待つときに気をつけたいこと」をまとめていきます。

 

1、あなたが振られた

振られたときは、かなりショックだったと思います。お気持ち察します。とてもさみしいですよね。

しかし、女性側が振られたパターンは、案外復縁しやすいものです。

 

だいたい男性が女性を振るときは、「仕事に集中したい」「他に気になる人ができた」です。

別れ際に、どんなことを言っていたとしても、あまり信用しないでください。

 

男性は、別れたい理由が自分でも理解できていないときが多いのです。

ですが、振った男性は、ゆっくりと「彼女がいなくなった寂しさ」を味わうことになります。

そして、ひょっこり連絡がきたりするのです。

 

しかし、ここで気をつけたいこと。

それは、あなたも変わっておく必要があるということです。

しっかりと準備をしなければ、チャンスは掴めないですよ??

 

しっかり自分磨きをしていきましょう。

まずは簡単にできることから。こちらの記事が参考になります。

>>【すぐに実践可能】見た目に自信を付ける3つの方法

 

2、あなたが振った

復縁までに、あまり時間をかけないほうがいいです。

振られた側は、ふっきれてしまえば、どうでもよくなってしまいます。

 

これが、書籍等では「3か月」と言われていますが、全くアテになりませんのでご注意を。

とにかく、復縁したい!と思ったが吉日。

なるだけ早くアクションをとることをオススメします。

 

彼にアタックするタイミングについては、こちらの記事を参考にしてください。

>>元カレとの復縁において、アタックすべき「タイミング」

 

3、第3者によって別れた

親や、友人、知らない女に取られた、などです。つまり、お互いの意図せぬ事態によって破局したパターンです。

 

案外、日本では多いパターンです。このパターンで気をつけたいこと。

それはあなた自身が、第3者を上回る説得力を持つことです。

 

復縁本では、外見が重要だと言いますが、それだけではいけません。

あなた自身が自立しておく必要があります。

 

4、自然消滅した

急に連絡が来なくなり、いつの間にか別れた・・・。そもそも、付き合っていなかたった可能性も否めません。

 

しかし、復縁という視点ではなく、「再び会う仲」という段階まで持っていけるといいです。

ここで気をつけたいことは、体の関係は絶対にNGということです。

 

いわゆる、セフレ扱いになってしまう可能性があります。慎重に復縁を進めてください。

 

まとめ

別れ方によって、気をつけておくべきことが違います。

あなたの状況に合わせて、意識するポイントを逃さないでください。

 

また、あなたの状況に合わせて、復縁のきっかけも変わってきます。

こちらも合わせて確認しておくと良いでしょう。

>>【難易度別】元彼との復縁に繋がるきっかけ18パターン