お先真っ暗になっていませんか?

突然、彼氏に「ちょっと、距離を置きたい」と言われて、不安に潰されそうになっていませんか?

大丈夫。こういった時も、絶対とは言いませんが対処方法は存在します。

 

こんにちは、復縁アドバイザーの山岡です。

実は、最近立て続けに、「彼から距離を置かれた」という相談を受けました。

 

しかし、相談者たちには、あることが欠けていることに気がつきました。

それについて、まとめていきたいと思います。

 

距離を置かれた、置きたい、と言われた理由は?

彼氏からのいきなりの告白で、正直動揺してしまうと思います。

  • 好きな人ができたのか?
  • 浮気でもしたのか?

脳内をぐるぐると、不安のループが始まってしまうと思います。

 

しかし、一旦冷静になっていただきたいです。

上記のように思ったことが、実は間違いだということに気がついてください。

どういうことでしょうか?

 

相手軸で考えるか?自分軸で考えるか?

もしも、距離を置きたいと言われたときに、以下のように思ったのなら危険です。

  • ひどい!
  • 浮気でもしたんでしょう!
  • 好きな人もできたんだ!
  • 最低な男だ!
  • どうして、ちゃんと向き合ってくれなかったの?

 

なぜだか分かりますか?

このような思考は、いわゆる「他責思考」です

つまり、他人に責任を押し付けてしまう考えです。

 

実は、こういった思考の方は、おおかた人生が不幸になっていきます。

コーチングの世界でも、まずはこのマインドを脱却させることに注力します。

 

なぜ、他責はだめなのか?

答えは簡単です。他人に依存しているからです。

例えば、

 

彼が不機嫌になる

本当は自分にも原因があるのに・・・

不機嫌になった彼がダメ、と思う。

 

これは極端な例ですが、細かいところで「相手がいけないんだ」と思うことはあると思います。

それが、まさしく他責思考です。

 

これでは、一生彼に責任を押し付ける人生になってしまいます。

そんなことで、お互いがハッピーになれるでしょうか?

 

理想は自責

例えば、彼が不機嫌になったとき、大抵は女性に原因があることが多いです。

つまり、男心を知らなくて、土足で男心に上がり込んでしまった時、などです。

それは、あなたの勉強不足なだけなのです。

 

我慢してきた彼のフラストレーションが、「距離を置きたい」に変わる時が来るものです。

もっとも、お互いがハッピーになれる関係は、「自責思考」です。

つまり、彼が怒った原因は”自分にも責任があったかもしれない”ということを考えるのです。

 

自分を責めるわけではない

こういうと、たまに自分をせめてしまう女性がいるのですが、それも少し違います。

そうではなく、「より良い恋人関係にするためのステップ」だと考えるのです。

相手が悪い!と決めてしまうと、進歩はありません。

 

しかし、自分に責任があると思えば、男性心理を勉強したり彼が嫌だと思っていることを変えるチャンスになるのです。

「距離を置こう」と言われたときは、実はチャンスなのです。

よりラブラブな2人になるための、ギフトなのです。

 

具体的にはどうする?

当サイトでも、なんどもお伝えしていますが、男性は一度に多くのことは考えられません。

距離を置きたい=少し恋愛を考えたくない、というサインです。

 

だとしたら、そのようにさせてあげるのがいいでしょう。

 

しばらくすれば、ようやく考えに整理がつき、寂しくなり、あなたに会いたくなります。

どうせ、戻って来るんだ。という、どん!と構えた姿勢が、彼にとっては魅力的に映るのです。

焦ってはいけません。

 

より良い関係になるために

彼に距離を置こうと言われたら・・・まずは、焦らないこと。

そして、「ハッピーになるためにチャンスだ」と捉えて、勉強するなり、自分を変えるなり、努力するのです。

そうすれば、彼は戻ってきます。

 

また、彼を待っている間、居ても立ってもいられないなら、そういう時ほど自己の成長を目指してください。

彼は時間が経てば戻ってきます。

だから、彼が戻ってきた時にもっと好きになってくれるよう、あなたも成長しておきましょう!

その余裕が、復縁を引き寄せます。

 

たとえば、こちらの教材は復縁のために作られましたが、倦怠期のカップルにも効果抜群です。

以前、夫婦仲が悪くなってしまった女性にも試してもらいましたが、見事に関係を直すことができました。

>>彼氏との関係を修復できる教材はこちら