人間がコミュニケーションを取る際、
2つの方法でやり取りをしています。

  • 言語コミュニケーション
  • 非言語コミュニケーション

 

言語コミュニケーションとは、
その名の通り、言葉によるやり取りです。

そして、今回お話するのが、
非言語コミュニケーションについて。

 

非言語コミュニケーションとは?

非言語コミュニケーションとは、
言語以外のやり取りを指します。

表情、身振り、視線など、
たとえば、外人と話す際の
ボディランゲージもそうです。

 

ふとすると言葉で情報を伝えて
いるように思ってしまいがちですが、

実は、コミュニケーションの大部分は、
言語以外で伝えていることが多いです。

 

なぜ表情、身振り、ファッションが復縁に大事なの?

私が好きな書籍の1つ「男がわかる心理学」では、このように述べられています。

 

発信者のメッセージに対し、受け手側は言語情報や聴覚情報より、視覚情報に最も影響を受ける
(男がわかる心理学から引用)

メラビアン効果

 

これはつまり、

どんなに良い事を言ったとしても、
見た目や雰囲気が悪いと伝わらない
ことを意味しています。

 

これを心理学の世界では、
メラビアンの法則」と呼びます。

 

こんな人、採用しませんよね?

たとえば、あなたは大企業の重役で、
面接官だったとしましょう。

1人の就活生が来ました。

彼は志(こころざし)も高く、
とても魅力的な物言いをしてくれました。

 

でも、

目線がうつむきがちだったり

話しかけても表情が暗く

スーツもシワだらけでした。

 

さて、あなたは彼を採用しますか?
おそらくしないと思います。

 

なぜなら、言語だけではなく、
見た目も評価に入っているからです。

同じことが復縁でも言えます。

 

たとえが適切かは置いておいて、
元彼は面接官のようなものです。

彼が必要とする人材(彼女)かどうか、
面接をするわけです。

あなたが言語と、見た目で、
しっかりと自己アピールできれば、
見事に採用(復縁)となります。

 

そのためには、表情や身振り、
ファションは大事な要素と言えます。

参考)元カレに良い印象を与えるためのポジショニング理論

 

背伸びはしない

ただ、背伸びには注意です。

一生懸命に着飾ったり、無理して
大袈裟な振る舞いをする必要はありません。

そうするとあなたも辛いでしょうし、
後で限界がくるからです。

 

無理するのではなくて、

今までの頑張りが伝わり漏れないために、
最低限の努力をするだけで大丈夫です。

 

また、元彼に良い印象を持ってもらう以外に、
後悔させたい方も多いと思います。

そんな時はこちらを参考に。

>>元カレに”別れて後悔した”と思わせる方法 【第1回】後悔させるために意識すること