前回の続きです。

 

沈黙したら忘れられるのでは?

前回の記事では、男性にとって「手に入りそうで入らないもの」は魅力的に見えるという話をしました。

また、その心理的な距離を操るのに、沈黙

僕の言う沈黙とは、「相手から見て、あなたが生きているか死んでいるかさえ分からない状態をつくり出すこと」

これを利用するとお伝えしました。

でも、疑問を感じた方も多いはずです。

沈黙なんてしたら忘れられるかも?

 

確かに、やり過ぎはいけません。

前回もお話したように、連絡を無視したりするのは逆効果になります。

あくまでも、カレの気持ちをこちらに向けるため向いた後は普通に接します。

 

こんな経験あるはずです

たとえば、あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

  • 求愛されてた人から連絡が急に来なくなって気になり始めた
  • すごく怒っていたはずなのに、時間が経つと気になり始めた

 

この2つはどちらも「沈黙の力」が働いているのです。

1つ目の沈黙は、プラスなアクションを受け続けたときのケースです。

ずっと好意を寄せてくれてた人が急に何もしなくなると、「あれ、どうしたのかな?」と気になってしまうのです。

 

逆に、2つ目のようにマイナスのアクションでも沈黙の効果は発揮します。

すごく嫌なことをされて怒ったとします。

でも、時間が経つとその腹立たしい感情は薄れていき、次第に相手が気になり始めるのです。

 

これが復縁なら、

  • 彼に「好き」だとすがりついた
  • 彼にしつこくし「嫌気」を差された

 

このように置き換えられますね。

 

復縁本というより、人生本

先ほど「復縁に置き換えると」言ったのは、この本は元々復縁本ではないためです。

あくまで恋愛全体、もっと言うと、「恋を通じて人生を楽しむための本」だと私は感じました。

復縁ばかりが頭にあると、視野が狭くなってしまったり、短期的な目線でしか行動しなくなります。

 

ですが、大好きな彼との生活ってそんな短期的な話じゃありませんよね?

復縁した後の生活、結婚。
結婚すれば子供が生まれて育児。
子供が成人したら老後の生活。

復縁するまでよりも復縁後の生活の方がずっと長い道のりなんです。

 

あなたの人生を決めるのはあなた

最後に、この本から人生を感じさせる一節を紹介したいと思います。

彼の気持ちを取り戻す恋愛の極意

 

「~考えてみると、これまで長い時間、自分の人生の選択権は自分にはなかった。生まれてくるかどうかを決めた覚えはない。気づいたらこうして存在している~

~僕たちは、自分の人生の操縦席に座ることに慣れていない。~」

 

なぜ恋愛に悩む人がこれだけ多いのか、人生全体を通して考えさせられます。

また、こうも言っています。

人生の決定をするのはあなたで、その責任を負うのもあなた

 

復縁には様々な方法があります。
彼へのアプローチもそれぞれ異なります。

ですが、最後に決めるのはあなたです。

復縁アドバイザーである私はただのサポーター、あなたが物語の主人公にならなければいけません。

 

自己進化という考え方

私は復縁アドバイザーという立場上、
つい早く答えを出してあげようとする癖があります。

でも、メインは相談者の方。
最終的にどう考え、どう行動していくかを決めるのは私ではないのです。

でも、いきなり行動しろと言われても、どうすればいいか分かりませんよね。

 

そこで必要な考え方が自己進化です。

自己進化はその言葉通り、自分の力で自分を進化させることを意味します。

そのためには、彼をよく知り、自分のことも深く知る必要があります。

 

つまり「男性心理」と「自己分析」です。

 

この2つを見に付ければ、あなたのやるべきことは明確になります。

更に彼の気持ちも理解できるようになるので、行動にも自信が付いてきます。

復縁するためには確実に身に着けておきたいスキルですね。

 

長くなってしまったので、続きはこちらでお話しましょう。

>>復縁成功の第一歩は自己分析から!自分を変えて幸せな復縁をしよう!

 

1 2