復縁を目指す方の中には、今回で2度目の復縁となる方もいると思います。

復縁も2度目となると、1回目よりは慎重になる必要がありますね。

 

今日は、2度目の復縁で気を付けるべきポイントをお話します^^

2度目の復縁を目指す場合には、これから話すことを必ず心に留めておいてくださいね。

 

あなたの復縁本気ですか?

まずもう一度復縁を目指す前に、自分に向かって確認してほしいことがあります。

あなたにとって、元カレでないといけない理由はありますか?

 

何が言いたいかというと、男性は他にもいるということです。

大切な彼氏でも、一度は間違って別れてしまうこともあります。

でも、2度別れたということはもしかすると、その方は運命の相手ではない可能性だってあります。

 

彼でなければいけない理由は何ですか?

改めて自分の気持ちに聞いてみましょう。

 

2度目の復縁ほど自己分析は必須です

では、2度目の復縁を決心したあなたに、必ず必要な作業をお伝えします。

それは自己分析です。

もちろん、通常の復縁でも自己分析を勧めていますが、2度目は特に重要です。

というより必須ですね。

 

2回別れたということは、2人の間に何か大きな問題があるはずです。

たとえその原因が彼にあったとしても、あなたが復縁したい以上、それは認めてあげるしかありません。

逆に、原因があなたにあるのであれば、彼のためにも直してあげましょう!

 

例えば付き合っていた頃、

  • 寂しい気持ちを彼にぶつけた
  • 彼の気持ちを試したりした

 

それならば、彼に依存することのない、自立した女性に生まれ変わる必要がありますよね?

 

連絡は慎重に

次に気を付けていただきたいポイントは、連絡の仕方です。

 

通常の復縁の場合、元カレが持つマイナス感情が無くなるまで待つ必要があります。

いわゆる冷却期間ですね。

2度目の場合もそれは同じです。

別れ際に大きな心理的プレッシャーを与えた場合は、やはり冷却期間が必要です。

 

ただし、重要なのはその後。

2度別れてしまうと、元カレはもうあなたのことを恋愛対象外として見るようになってきます。

「別れてしまったけどせっかく仲良くなれた仲。大事な友達として大切にしよう。」

こう思うようになります。

 

そのため、気軽に連絡は取りやすいのですが、恋愛には発展しにくいです…。

 

そうならないためにも、2度目の復縁では連絡のタイミングに注意しましょう。

復縁を決める「ここぞ」のタイミングでだけ連絡を取るようにしてください。

 

復縁後に結婚する気で臨みましょう

最後のポイントです。

2度目の復縁ということは、お互いに最高のパートナーだと思って復縁することになります。

であれば是非、結婚まで見据えた復縁活動をしましょう。

 

もう若さだけを活かす方法や見た目の改善だけで復縁しようとするのではなく、素敵な奥さんを目指しましょう!

あなたならきっとなれるはず!

 

そのためにはまず、あなたが彼と別れてしまった理由を知りましょう。

こちらも参考になります。

>>元彼との別れの原因を考える際のポイントや注意点