冷却期間を置いていると、

このままで本当に大丈夫だろうか。

彼に忘れられてしまうかも…。

など、とつぜん見えない不安に襲われることがありますよね。

 

当ブログの問い合わせでも、「今は冷却期間でしょうか?」などのご質問が多く寄せられています。

 

改めまして復縁アドバイザー山岡です。

今日は冷却期間を取っている方に向けて、元カレにアタックするタイミングを話そうと思います。

冷却期間ってどれぐらい取ればいいんだよ…」と悩んでいる方、是非とも参考にしてくださいね^^

 

元カレに好意を表現するタイミングは重要

まず大事な前提条件からお伝えします。

それはあなたが今進めているのは通常の恋愛ではなく、復縁だということです。

この違いはアタックするタイミングに大きな影響を与えます。

 

通常の恋愛においては、早い段階で相手側に好意を伝える方が効果的と言われています。

好意に気付くと相手も気になり、好きになりやすいためです。

ですが、復縁の場合は異なります。

 

ほとんどのケースでは何か問題があっての別れですから、少なからずあなたにマイナスな感情を持っていると考えられます。

この状態で好意に気付いたとしても、避けるまたは友達でい続けようとします。

 

そのため、復縁においてはアタックするタイミングが非常に重要になるのです。

 

アタックしてはいけないケース

それでは、具体的なタイミングの話に移りたいと思います。

※記事作成にあたり著書:元カレと復縁できる方法(浅海著)を参考にしています。

 

まず先に、アタックしてはいけないケースです。全部で3つあります。

  • 彼が距離を置こうとしている場合
  • 肉体だけの関係のになっている場合
  • 彼が吹っ切れようとしている場合

順番に説明していきますね。

 

彼が距離を置こうとしている場合

連絡をしても返って来ない、または返ってくるが遅い。態度もどこか冷たく明らかに避けているような状態。

このような状態のときは好意を見せても逆効果になります。

 

肉体だけの関係のになっている場合

いわゆる都合のいい女になっている状態といえます。

男は「手に入った女」には興味を示しません。「手に入りそうで入らない女」を目指しましょう。

>>「手に入りそうで入らない女」とは

 

この状態でアタックしようものなら、余計に都合のいい女になってしまいます。

 

彼が吹っ切れようとしている場合

意外かと思うでしょうが、実はこのケースでも好意を見せるべきではありません。

彼は意識的にあなたを忘れようと努力しています。それを妨げると余計にマイナスな印象を与えてしまうためです。

大丈夫。時間が経てばもう一度あなたを思い出します。

 

アタックしてもケース

では次にアタックしてもいいケースです。

 

こちらも全部で3つあります。

  • 距離が近づいたと感じた段階
  • あなたから彼を振った場合
  • あなたの好意がばれているのに、嫌がっていない場合

順番に説明しますね。

 

距離が近づいたと感じた段階

冷却期間を正しく過ごすと、元カレも段々とあなたを気にするようになってきます。

>>復縁の冷却期間の過ごし方

 

元カレから連絡が来るようになった

新しい彼氏の存在など聞かれた

デートに誘われた

これらの行為はあなたに対して、彼も好意を持ち始めた証拠です。

 

この段階まできたら元カレへ好意を見せても大丈夫。自信を持ってアタックしていきましょう。

 

あなたから彼を振った場合

あなたから彼を振ったケースでは、まだ元カレの中にあなたへの好きな気持ちが残っているかもしれません。

そのため、あなたさえ好意を示せば彼も乗ってくることがあります。

 

ただし、注意しなければいけないのは彼が不信感を持っている場合です。

あなたに振られたことでプライドを傷付けられ、あなたを信用できない状態の可能性もあります。

そんなときはむやみにアタックせず、時間をかけて信頼を取り戻すことを意識しましょう。

 

あなたの好意がばれているのに、嫌がっていない場合

これは思いがけずにあなたの好きな気持ちがばれてしまったものの、結果オーライのパターンです。

ふとしたことやあなたの言動でどうしても彼に気持ちがばれてしまうこともあります。

※出来るだけばれないようには努めてください。

 

そんな気持ちがばれてしまった状態にもかかわらず元カレが優しく、好意的に対応してくれた場合。

この場合はアタックオッケーのサインと言えるでしょう。

 

ただ、このパターンは狙ってできるものではないので、彼を試すようなことは絶対やってはいけません。

 

アタックしてもいいケースとそうでないケースは以上になります。

 

まとめ

さて、この記事をチェックいただいて、今のあなたはアタックすべきか、そうでないか判断できたでしょうか?

 

元彼にアタックする準備が整ったら、次は復縁のきっかけ作りです。

>>【難易度別】元彼との復縁に繋がるきっかけ18パターン