元彼の誕生日は連絡を取るチャンス??

元彼と復縁したい。でも、なかなか連絡を取るチャンスも無くて困る…。

そんな方にとって、元彼の誕生日はまたとないチャンスと言えますね。

誕生日に祝われて嫌な気分になる人はいません。是非、活かしたいものです。

 

ただ、誕生日メールはチャンスであり、危険でもあります。

活かし方を間違えると、元彼との関係を悪化させてしまう可能性があるためです。

 

そうならないためにも、これから話すルールをしっかりと頭に入れてくださいね^^

準備はいいですか?それではいきます。

 

誕生日メールを送る際の3つのルールとは

早速ですが、元カレに誕生日の連絡をする際に気を付けるルールは以下の3つです。

  • 復縁したい気持ちを出さない
  • ネガティヴ発言はしない
  • 長文では送らない

順番に説明していきますね。

 

復縁したい気持ちを出さない

1つ目のルールであり、最も重要です。

メール、LINE、電話なんでもそうですが、元カレにあなたの好きな気持ちがバレてはいけません。

バレた場合、警戒して避けられる、または「手に入った」という余裕から本命として扱われなくなる可能性があるからです。

 

それを避けるためのポイントとしては、元彼をただの男友達として扱います。

もし迷ったときは、「他の男友達だったら」と考えるようにしましょう。

 

ネガティヴ発言はしない

2点目は「ネガティブ発言をしない」です。

久しぶりの彼との連絡ともなると、ついつい甘えたくなりますよね。

仕事の愚痴を言ってしまったり、昔付き合っていた頃の彼の欠点を指摘してしまったり。

 

でも、それをしてしまうと彼は冷めます。

 

元彼に「あーやっぱ何だかんだ変わってないんだぁ」と思われてしまいます。

自立した女性、自分の気持ちをコントロール出来る女性は簡単に愚痴は言いません。

彼の愚痴を聞いてあげるぐらいの懐の大きい態度でいてください。

 

または、ポジティブな話を出しましょう。

あなたが今はまっていることや努力していること、最近あった面白い話でもいいでしょう。

彼が食通であれば美味しいお店を教えてあげるとか、共通の趣味の話題も盛り上がります。

 

長文では送らない

やっと彼と連絡が取れる」そう思うとあれもこれも伝えたくなってしまう気持ちは分かります。

でも、ここはぐっと堪えましょう。男性は基本的に長文メールを嫌がります。

それが大好きな彼女からのメールであればまだ良いですが、元カノとなると重く感じてしまうでしょう。

 

久しぶりの連絡であれば、むしろ男性的な送り方の方が好まれます。

実は男性にとっては「久しぶり、元気?」ぐらいがちょうどいいんです。

 

反応が悪くても気にしない

3つのルールいかがでしたか?不安になったときは何度でも確認してくださいね^^

 

また、いざ元彼に連絡を取ったら冷たい反応・薄い反応だったということもありますよね。

でも、1度冷たい反応をされたぐらいで一喜一憂しないでください。

彼は忙しかったのかもしれませんし、体調が悪かったのかもしれません。1度では判断できないんです。

何度か挑戦して確かめる必要があります。

 

あとは男性によっては連絡が基本的に淡白の人もいます。こればかりは男性特有の態度なので仕方ありません。

こちらの記事も念のため読んでおくと、落ち込まずに済みます。

>>元彼からのLINEやメールが冷たくなってしまう理由