評価A:今回の本は良かったです

復縁マニュアルの著者でも有名な復縁アドバイザー浅海さんの本「元カレと復縁できる方法」のレビューです。

前回浅海さんの書籍をレビューした際は最低評価のC、かなり厳しい意見を言わせていただきました。

>>評価C:「彼ともう一度、恋人になる方法」浅海氏の本を読んでみた【前半】やる気は出るのですが・・・

 

ですが、今回の書籍に関しては最高評価のA。かなりおすすめできますね。

それではここから具体的に良かったポイントを紹介していきます^^

 

復縁全体の把握に最適

本書では復縁の全体像を知れます。

復縁ってどう始めたらいいか分からない」という方には全体の流れを知るのに最適でしょう。

他の復縁本は復縁のテクニックがメインとなっていますが、本書では別れた後から復縁まで時系列で書かれている点が特に良いですね。

 

復縁活動に迷いや不安がある人は試しに呼んでみてください。頭がすっきりして、迷いが和らぐと思います。

1万人の事例から~」と言っているだけのことはありますね。

 

復縁と恋愛の違い

最初に復縁の心得から書いてあります。

「未練はない」と示す!!

復縁における心得

 

復縁と恋愛の決定的な違い、それは彼が警戒しているという点です。

 

浅海さん的にはこのように言っています。

復縁では好意を見せるとうまくいきません。なぜかというと、別れを経ているため、彼も警戒しています。

理由はさまざまですが、いずれにせよ一度いやになって別れている状況です。

 

これには私も同感です。ただ、いつでもこれが当てはまるわけではありません。

たとえば、あなたから振った場合などは好意を見せた方がうまくケースもあります。

こちらも参考にしてください。

>>元カレにアタックしていいタイミング、そうでないタイミング

 

復縁のタブー

また、浅海さんは復縁のタブーとして3つの例を挙げています。

復縁のタブー

  • お付き合いの延長気分でいること
  • 彼に復縁を迫ること
  • 未練がましくすること

 

当ブログでご相談をいただく方は1つ目はほぼありませんでした。2つ目と3つ目が多いですね。

 

特に2つ目は別れ際に迫りまくってしまうケースが多いように思います。

つい「離れたくない」という気持ちからしつこくしてしまうんですよね。

気持ちはよく分かりますが、しつこくすると彼は余計に逃げてしまいます。

 

しつこくしてしまい嫌気を差されていると感じたら、冷却期間を取るようにしましょう。

>>冷却期間の活用法を確認する

 

それから、3つ目については元カレと打ち解けてきた頃にやってしまうケースが多いですね。

彼と気軽に話せるようになってくると、つい昔の愚痴などが口から出てしまうことがあります。

でも、そこはぐっと我慢!

 

ちゃんと意識していないと、自然に口から出てしまいますよ。

 

それでは長くなってしまったので、次回に続きます。

次回はより具体的な復縁活動に焦点を当ててお話していきます。

1 2 3