このページでは、人気モデルの梨花さんの復縁結婚エピソードを元に、復縁の秘訣を解説しています。

今回は後半編です。では、いきましょう!

 

気持ちが落ちてしまうのは仕方ないこと

この記事を読んでいても、「あ〜、どうして別れてしまったんだろう?」と、悲しい気持ちかもしれませんね。

元気を出そうと思っても、どうしても気持ちが沈んでしまう時もあります。

そんな時は、他の人の成功例を見て元気を出してくださいね!♪

 

いける!と思ったら梨花さんのように攻めることも必要です

梨花さんは、かなり積極的に元カレを食事に誘っていたようですね。

結果的に食事作戦はあまりうまくいっていませんが、こういったアプローチも時には必要でしょう。

 

ただし、元カレと長期的な交際をしていないならば、

以前書いた記事のように「私はあなたが好き。私は1人でいても楽しく幸せ」この2つのバランスが重要です。

 

”してくれマインド”では、復縁もうまくいきません。

「復縁してよ!ヨリ戻してよ!」というスタンスではいけません。

 

梨花さんは、あくまで「復縁しようよ!ヨリ戻そうよ!」と、元カレと対等な目線であったに違いありません。

”してくれマインド”では、相手がひいていくか、都合のいいだけの関係に落ちぶれます。

そのような状態では、復縁しても理想的なカップルになることは難しいでしょう。

 

努力は必ず報われる

梨花さんのように、対等な目線で何度も会って気持ちを伝える努力は素晴らしいです。

おそらくホメオスタシスも作用し、復縁までのステップは簡単だったはずです。

 

もし、あなたが元カレと年単位で交際をしていたとしたら、復縁はかなりやりやすいと思います。

恋愛本を多くだされている「グッドウィル博士」の言葉を借りれば、”家の電化製品は壊れてはじめて、ありがたみを感じる”とあります。

 

復縁でもまさにその通りだと思います。

失ってはじめて、元カレはあなたのありがたい存在に気がつくのです。

 

男は、失って初めて彼女の大切さを知る

実は男性は、脳の回転が早くありません。

科学的なアプローチで説明すると、脳梁(のうりょう)という部分が細いからです。

脳梁(のうりょう)とは、右脳と左脳をつなぐ橋みたいなものです。

 

女性はこの脳梁(のうりょう)が太いため、『ながら仕事』ができます。

電話しながらお料理などできますよね?

男性はこれができません。電話しているときは左脳しか機能していないと言います。

 

また、男性は会話しているときも、左脳しか動いていないという結果が出ています。

女性の会話のように、あちこち話が飛んでしまうと訳がわからなくなってしまいます。

 

しかし、1つのテーマを論理立てて深堀することは得意です。

同時にいろいろできないだけで、1つの事に集中することは冴えています。

(マニアや博士に男性が多いのも、その理由からです。)

 

ですから彼女と別れるときも、左脳で考えるか右脳で考えるか、どちらかなのです。

バランスよく考えることができません。

ですから、「後で気がつく」というパターンになりがちです。

本当は別れたら寂しいと、頭のどこかではわかっているはずなのです。

 

男性には、あなたの努力で”気づかせてあげる”必要がある

上記したように、男性は”自分の考えを正確にとらえることが得意ではありません。

ですから、復縁するには「あなたの努力」が必要です。

 

梨花さんのように、どれだけ時間をかけても”必ず復縁できる”と信じ、やれることをやっていくだけです。

そうすれば、元カレも自分の本当の気持ちに気がつくと思います。

決して諦めないでくださいね!

復縁なんて、そんなに難しいことはありません。

 

正しい知識と行動で、大好きな元カレはあなたの元に帰ってきます。

また一緒に手をつないで、思い出の場所でデートしたくありませんか?^^

あのとき、なんで振ったのよ〜」なんて言いながら。

 

梨花さんは、いま幸せだと思います

梨花さんは子供にも恵まれて、とても幸せな表情をしています。

元からの美貌だけではありません。「女性としての幸せ」を手に入れたのだと思います。

あなたにも、梨花さんのような素敵な笑顔が戻りますように。

応援しています。決して諦めないでください。

 

大好きな彼氏を取り戻して、まずは安心してお腹いっぱいご飯食べれるようにしましょうね。

復縁して、笑顔が溢れるあなたになりましょう。

 

そのためには正しい道を進んでください。
詳しくはこちらも参考に!

>>参加無料!累計1,500人以上が参加した復縁力アップ講座

 

1 2