別れを告げる男性の8割は、別れた本当の理由を言わない

これは7ステップを作った小澤さんの言葉ですが、確かに男性というのは本音を言うのが苦手です。

 

彼女に気を使うこともあれば、保身のために誤魔化すこともあります。

女性から見ると「ずるい!」と感じますが、でも、これが男性なんです。

ならば、そうと知ったうえで対応するしかないのかもしれません…。

 

今日ご紹介する相談者の例も、とても参考になります。

 

ご相談内容

相談レビュー6回目①

 

———ここから———

こんにちは。
私28歳女性、彼23歳大学院生
2月14日付き合って2年5ヶ月で別れを告げられました。

元々彼は焼きもち束縛がありますが私は異性の友人もいたりしていて苦手だけど、一緒に居て楽しくいからこれから価値観の違いでぶつかることもあると思うけど頑張っていこうといって付き合いだしました。

付き合っていく中で多くの問題がありましたがその度にケンカをしては乗り越えてきました。一緒にいるのは本当に楽しくて始めの1年は週に2~3回、それ以降も週に1回は会っていました。連絡もLINEですが1日に7~8回のやり取りはずっとありました。彼のことは本当に大事でいつも愛していました。付き合いが長くなってきて彼の価値観を私が受け入れなくなったり反発することが増えていました。

2年経ったころから彼は少しずつ私との関係を悩みだしたようでした。LINEや会う頻度はあまり変わらなかったりスキンシップは変わらなかったので気づきませんでした。あとは付き合い出してから私が8キロ程太ってしまいずっと痩せて欲しいと言われ続けて、彼も痩せるために協力してくれていたのに中々痩せれない私に対して女性としての魅力を失ってしまったようです。

そして私と向き合うことが出来なくなっていた最中に私と付き合う前に3年付き合っていた初めての彼女から連絡が来て、そして私と別れてから会ったようで気になる存在になってしまったようです。私に対して別れる理由として話してくれたのは、価値観の違いが2年半かけてやっぱりダメだったと、伝えるのに2年半かかってしまったから今は別れるんでいいと思う。とのことでした。

一緒にいた時間、私のわがままはひどかったと思います。でもいつも彼はどんなにケンカして別れても送ってくれてありがと。と笑顔でいつも言って帰って行きました。私のことも本当に大事にしていてくれていました。私は別れたくないので2時間ほど変わるからもう少しだけ結果を出すのを待って欲しいと頼みましたが答えはノーでした。

そして今はまた電話連絡をしたのですが10分ほど話して切らなくてはいけなくなったので切り、また連絡する。と言ってくれてLINEもくれたのでその連絡を待っている状況です。3日経ちました。彼を失いたくなくて苦しいんです。彼は今大学院生なので研究室で実験をしているのと通学が時間がかかるため帰りがいつも遅いです。

今、私ができることは彼を信じて待つことなので彼が考えてくれてくれていると信じて待っていますがとてま苦しいです。

———ここまで———

 

2年半付き合ってからの別れ、相当辛かったと思います。

男性って何か嫌だと感じても態度に出さない人が多いので、女性としては気付かないことも多いんですよね。

そして、あるとき急に「別れたい」とか「距離置こう」って言われて、びっくりしちゃう感じです。

 

今回のケース、相談内容を見ていただくと分かりますが、別れた理由は2つ伝えられていますよね?

価値観の違い」と「体型が太った」こと

こういう場合、どちらかはそんなに大きな原因でないことがほとんどです。

 

片方の理由を言いづらいために、あれもこれもと付け加えた可能性が…

 

山岡からの回答

相談レビュー6回目②

 

———ここから———

○○さん

山岡です^^
ご相談を見ましたよ。

今はお辛い時期ですね。
○○さんも、気持ちが落ち着かないと思います。

でもね、もしかすると今の彼には、
じっくり考える時間が必要なのかもしれません。

なので○○さんもおっしゃる通り、
今は信じて待つしかないんです。

でも、彼に期待しちゃいけませんよ。
それは信じているのではなくて、
依存になってしまいます…。

だから、彼がもう一度○○さんを思い出した時に、
「あーやっぱりこの女で良かった」
と思えるような女性になる必要があるんですね!

今は悲しくて身動きが取れないかもしれません。
ですので、少しずつで大丈夫です。

出来ることから自分磨きされることをおすすめします。

たとえば、カレも気にしていたダイエットに
もう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか??

山岡

———ここまで———

 

そこで山岡としては、まず見た目を変えてみることをおすすめしてみました。

その理由としては、見た目の方が彼も変化に気付きやすいためです。

もちろん、内面で大きな問題がある場合は、そっちも対策しないとだめですよ?

 

分かりやすい方で試す

でも、今回の場合、どっちが原因かまだ判明していません。

こういう場合、本当は太ってしまったことが原因で、それを言いづらいために「価値観」と言ってしまうことも実際ありえます。

 

現に、後ほどこのご相談の方にご連絡したところ、彼から本音を聞けたそうです。

 

彼は痩せなかったことじゃなくて、痩せて欲しいという彼の気持ちに反発して応えようとしない私、応えようとする努力をしていなかったことが嫌だったと。

山岡さんが言ってくださったことで見た目の件が原因として大きかったと改めて痛感しました。

 

悪気があって言わないわけじゃない

ただ、私も一応男性なので、少しだけ男性側の味方もしておきますね。

別れた本当の理由を男性が言わないことについてですが、男性としても悪気があるわけではありません。

ただ、言うのも辛いんだと思います。

 

たとえば今回のように2年半付き合った彼女に対して、「別れ際の最後にひどい事を言って傷付けたくない」そう思ったはずです。

はっきり言ってくれた方がよっぽど良い」そう言われるかもしれません。

でも、これが男性なりの優しさなんです。

 

逆に、別れ際に「あーだこーだ」文句を言いまくる人は気をつけた方がいいですよ。

そういう男性は精神年齢も低く、自分を中心に考える人が多いです。

実ははっきり言えない人の方が、思慮深くて優しかったりしますから。

 

今回のご相談を通して、別れた原因を知る大切さを改めて実感しました。

本気で自分を変えるなら、7ステップで自己分析するのも1つの手だと思います。

 

>>復縁相談レビューの一覧へ戻る

>>山岡の復縁力アップ講座はこちら