新しい彼女が邪魔…

元カレには新しい彼女がいて、こっちからは手が出しづらい。なかなか距離を縮められず困っている。

こういう状態のときって、どうしていいか分かりませんよね…。

でも、ちょっと待ってください。

 

もしかすると、あなたは正しいアプローチの仕方を知らないだけかもしれません。

 

個別サポートの方にはよく似たようなアドバイスをするのですが、元カレに新しい彼女がいる場合、真っ向から勝負しても100%勝てません。

彼はあなたと付き合うことが嫌になり、新しい彼女を選んだのです。悲しいですが、まずはこの現実を受け止めてください。

 

そして、元カレに新しい彼女がいる場合には、真っ向から勝負するのではなく、潜伏戦略を取ってください。

今からお話する戦略は、元彼に新しい彼女がいる方すべてに当てはまるものです。

なので、まだ動く時期が早いと感じた場合にも、是非1度は最後まで目を通しておくことをお勧めします。

 

潜伏戦略とは…

急に潜伏戦略と聞いて、「え、潜伏?」と感じた方もいるかもしれません。

そう感じるのも仕方ありません。あくまで私が名付けた作戦だからです。笑

 

潜伏とは、国語辞典的にはこんな意味だそうです。

見つからないように、ひそかに隠れること。

 

これを復縁に直すと、

今の彼女に見つからないように、ひそかに活動すること

と捉えてください。

 

潜伏初期の段階

潜伏段階の初期とは、【新カノ誕生】~【彼と普通に連絡が取れる】状態までと考えてください。

そしてまず最初の関門となるのは、彼と連絡を取ることかと思います。

※現段階で彼と連絡が取れる方は、中期に進んで構いません。

 

彼と連絡を取れるようになるには、大きく3つの方法があります。

 

1つ目の方法:彼から連絡が来る

当ブログ内では幾度と無く書いていますが、別れて時間が経つと、彼から自然に連絡が来ることがあります。

それを待つのが1つ目の方法です。

 

この方法については、別れ方や別れた原因、別れた後の対応など、様々な要因が関係しています。

そのため、一概に○ヶ月と断定することはできませんが、新しい彼女ができてから1~3ヶ月後に急に連絡がケースが多いです。

参考)元カレが連絡してくる心理とは?男性特有のナワバリ意識が関係してる

 

2つ目の方法:彼に連絡を仕向けさせる

1つ目と若干似ているのですが、彼があなたに連絡したくなるように仕向けさせるという方法もあります。

1つ目と2つ目の違いとしては、
1つ目は彼が自然に連絡するのを待つのに対し、2つ目では彼が連絡したくなるような状況をわざと作る点にあります。

 

たとえば、共通の友人を通してあなたの成長を伝えてもらったり、

SNSなどで、見た目の変化をさり気なくアピールする、などです。

 

その自分磨きの方向性さえ間違っていなければ、彼は確実に気になります。

あいつ良い女になったな
もしかして彼氏とかできたのか?

そう思うと、連絡せずにはいられません。

 

3つ目の方法:自分から連絡してみる

彼から連絡がくる気配がない、共通の友達もSNSも繋がっていない。

そういいう場合には、自分から連絡をするしかありません。

 

ただし、その場合でも別れてから連絡するまでの期間(冷却期間)や、連絡する際の文章や送り方には十分に注意しましょう。

>>元カレに連絡するときに気を付けること

 

潜伏中期の段階

潜伏初期で彼と連絡が取れるようになったら、潜伏期間は中期に移行します。

※まだ元カレと連絡が取れない段階でも、復縁までのイメージを作るためにこの先も読んでおいてください。

潜伏中期の戦略としては、彼の気持ちを高める期間と考えてください。

ここで具体例を出します。

 

愛情タンクを溜める

人間の心には、誰しも愛情タンクがあります。

愛情タンクという言葉は私が付けましたが、簡単に言うと他人に対する愛情の度合いと考えてください。

 

たとえば、あなたが彼と別れて新しい彼女と付き合いたての頃の愛情タンクは、こんな状態だと思います。

新カノができてすぐ

 

そこで、この潜伏中期の段階で、あなたの愛情タンクを溜めていってほしいのです。

そのために必要なこととしては、ただ彼と定期的に連絡を取るだけ。本当にそれだけです。

難しいテクニックなど必要ありません。

友達として、普通に接していけば、彼の愛情タンクは勝手に溜まっていきます。

 

ここだけは注意!

ただし、注意事項として、以下の3点だけ気をつけてください。

    • 探らない

話してくれなくなります。あくまで相談相手です。向こうが言いたいときに聞いてあげることを心掛けましょう。聞き上手に徹してください。

    • けなさない

彼がけなしたからと言って、便乗してけなしてはいけません。むしろ、少しでも良いところを探して、新しい彼女を擁護してあげてください。そうすれば、愛情タンクから流れ出した愛情は、どんどんあなたのタンクに流れ込みます。

    • 焦らない

彼と早く距離を詰めようとし過ぎてはいけません。追いかければ追いかけるほど、彼は遠ざかります。彼に追わせるぐらいを意識しましょう。

 

彼がこんな行動を取り始めたらチャンス!

また、彼と定期的に連絡を取り始めたら、いつかこんな現象が起きます。

彼が今カノの愚痴を言う

この状態になったら、かなりチャンスです。あなたに対して愛情タンクが溜まっており、信頼感が増している証拠です。

潜伏中期のタンク

 

それでもけなさない。

ただひたすら聞いてあげるだけですよ?

 

潜伏後期の段階

この段階まで来ると、彼も自分から連絡してくることが増えてきます。

彼女の愚痴も多くなるでしょう。
ただし、焦りは禁物です。

タンクがちゃんと溜まるまで、じっくり待ってください。

 

塵も積もれば山となる。
確実に溜まっていきますから。

 

そして、ある一定まで溜まったとき、
彼の気持ちに変化が起きます。

潜伏後期のタンク

やっぱり、元カノの方が良かったかも。

ここまで来れば、そろそろ潜伏期間も終わりです。

 

彼がもしそれとない言葉を発したら、彼が自信を持って行動できるよう、声掛けをしてあげてください。

私はずっとあなたの味方だよ
彼女と別れても私が傍にいるから

 

ここでも、今の彼女を否定する必要もありませんし、別れを促す必要もありません。

ただ単純に、彼を大切に想い、いつも見守っているという気持ちを伝えるだけで十分です。

 

しっかりと愛情タンクが溜まった状態でこの気持ちを伝えれば、彼もきっと答えてくれることでしょう。

 

まとめ

かなり長くなってしまいましたが、これが潜伏戦略の全貌になります。

今回ご紹介した戦略は、元彼との交際期間が長いほど成功確率が高くなります。

 

ただしそれは、あなたがちゃんと成長していた場合の話です。

 

今回お話した内容は復縁テクニックの1つに過ぎません。

どんなに上手なテクニックを使ったとしても、本人が成長していなければ復縁は成功しません。

詳しくはこちらも参考に。

>>参加無料!累計1,500人以上が参加した復縁力アップ講座