彼と別れてから彼の大切さを知り、
内面も外見も磨いた。

さて、でもこの変化を
彼にどう気付いてもらおうか?

疑問に思うことがあると思います。

 

具体的な方法については、
本来7ステップを参考にすると良いです。

ですが、全ての人が7ステップに
参加しているわけではないので、
ここで簡単な方法を示しておきます。

 

別れの原因ありき

当たり前ですが、変化とは、
あなたが変わることを意味します。

変わるといっても、もちろん、
【悪い状態】→【良い状態】にです。

ということは、変化を伝えるには、
まず別れの原因を知る必要があります。

 

別れの原因がいまいち分からない方は、
私の復縁講座をどうぞ。

>>山岡コウスケの復縁力アップ講座

 

よくある例では。。

具体例があった方がイメージしやすいので
よくある別れの例を出しておきますね。

  1. 最初は彼から猛アピール、交際に至る
  2. 時間と共に立場が逆転し、彼に依存
  3. 寂しさや不満をぶつけるようになる
  4. 彼は嫌気が差し、ついに破局に至る

 

かなりざっくりではありますが、
最も見かけるパターンを書いてみました。

 

自分の行動

私の講座生やサポートをしている方なら、
ここでまず自己分析をするかと思います。

自分は何が悪くて、どう改善するか

こういう発想が思い付くようになると、
成長スピードは早くなります。

 

そして、もう少し踏み込んでみると、
成長した後の行動も重要。

たとえば、先ほどの例では、
彼に対する依存が問題でした。

だから、自分が精神的に自立して、
自分の人生を自分で楽しめるようになる
それが1つの改善策です。

 

ですが、これはあくまで、
あなたに関する行動の改善。

 

彼に対する行動

彼に関する行動まで考えると、
更に具体的な行動が見えてきます。

たとえば、彼に依存し、不満をぶつけ、
メールで愚痴ったり、長電話をしたり…。

これらの行動は、細かく分析すれば、
彼の気持ちへのダメージだけじゃなく、
他にもダメージを与えています。

 

メールや電話に対応した「時間」、
それに伴い発生した「疲労感」、または、
次の日に「眠気」もあったかもしれません。

こういう具体的な損害を考えると、
変化の伝え方も見えてきます。

 

「損害」→「利益」へ

分かりやすくするために、
マイナスなことを「損害」、
プラスなことを「利益」と表現します。

彼に変わったと思ってもらうのに、
最も効果のある方法としては、
「損害」を「利益」に変えることです。

 

彼の時間を奪っていたなら、
彼の時間を気遣える存在になる。

女性らしさが欠けていたなら、
色気が出るような服を着てみる。

彼に疲労感を与えていたなら、
癒しを与えられる存在になる。

具体的な行動は個々人で違います。

 

たとえば、単に”癒し”といっても、
物理的なものと精神的なものがあります。

料理が得意なら手作りのご飯もありだし、
話すのが好きなら仕事の愚痴を聞くとか。

マニュアルだけに頼らない、
あなたにしか出来ないこと
必ずあるんじゃないかと思います。

 

まとめ

では、つらつらと書いてしまったので、
ここで簡単にまとめておきます。

 

変わった、変化とは、
悪い状態】→【良い状態】へ動くこと。

つまり、「損害」→「利益」の変化。

別れる前に彼に対してやっていた
損害を利益に変えることができれば、
彼に変わったと感じてもらえます。

 

自分の悪いところを探すのは、
精神的にも辛い作業だとは思いますが、
是非、負けずに頑張ってくださいね!

もしまだ自分の問題点が分からない等、
自己分析がうまくいっていないようなら、
こちらの教材で自己分析が必要かもしれません。

>>自己分析に最適な復縁教材「7ステップ」のレビューと特典のご紹介