どこのブログ、書籍を見ても、
復縁には冷却期間が必要
と書いてあるのを見かけると思います。

本当に冷却期間が必要かどうか、
その話はここでは置いておきますが、

冷却期間を取ると元彼に忘れられてしまう
そんな不安を感じる方もいるでしょう。

 

冷却期間が必要かどうかは、
こちらの記事を参考に。

>>復縁を成功させるための冷却期間の活用法①:なぜ冷却期間は必要!?

 

新しい彼女にハマっていきそうで怖い

特に、元彼に新しい彼女がいる場合には、

私のことなんかとっとと忘れて、
新しい彼女にのめり込みそう・・・

そう感じてしまうのも無理はありません。
ですが、そうとも限らないのです。

 

確かに新カノと付き合いたての時期は、
その彼女に夢中になることと思います。

でも、それは短期的な視点であり、
長期的に見ると、あなたを忘れたわけではないのです。

そもそも男性は、一度付き合った女性を
完全に忘れることなど出来ません。

 

恋は盲目は真実

よく恋は盲目とも言われますが、
あの言葉は真実を表しています。

もっと詳しく言うと、盲目というより、
正確には集中してると言った方が正解です。

人間は自分が気に入ったものや、
好きなものに集中する力があります。

 

新しいゲームを買って夢中でプレイしたり、
好きな漫画を何話も見たりするのも、
人間の集中の力が働いているからです。

そして、その力は恋愛にも使われます。

新しい彼女が出来た時というのは、
この集中の力が働いているのです。

 

でも、集中は永遠には続きません。
必ず休憩や、辞め時が来るものです。

つまり、

新しい彼女に夢中の時は、あたかも
あなたを忘れたように見えますが、
それは一時的な現象ということです。

いつか必ず思い出します。

 

もちろん、新カノが居ない場合も

先ほどの話はもちろん、
元カレがフリーの場合も当てはまります。

というよりも、フリーの状態の方が、
思い出すスピードは早いです。

他にいないわけですからね!

 

ただし、女性と付き合っていなくとも、

  • 仕事に熱中している
  • 部活に打ち込んでいる
  • 勉強で時間がなく忙しい

など

他に集中するものがある場合には、
やはり思い出すまでに時間がかかります。

 

思い出すまでは待つべし!

最後に、今日一番お伝えしたいこと。

それは、彼が思い出すまでは、
ひたすら耐えて待つこと」です。

これが本当に難しい!!

多くの女性は不安に耐え切れず、
先走って連絡してしまいます。

 

あと数ヶ月待ってから連絡すれば、
彼も快く対応したかもしれないのに…

そんなことがたくさんあります。

同じ言葉をかけるにしても、
それを送るタイミングによって、
彼の受け取る印象は変わるのです。

 

ジャブならオッケーです。

ひたすら待つといっても、彼から
連絡が来るまで待つわけではありません。

あくまでも、彼のマイナスな気持ちが
無くなるまで待つということです。

うわ○○から連絡きた。面倒だな
そう思われるうちは時期早々と言えます。

 

ただし、一定の期間を置いたうえで、
ジャブを入れてみるのはありです。

たとえば、冷却期間を3ヶ月置き、
久しぶりに軽い連絡を入れるなど。

まずはジャブで彼の様子を見ます。

 

そこで反応が悪ければ、
まだ冷却期間が足りていないか、または
まだ新カノに夢中ということになります。

反応が良ければ、徐々に距離を詰め、
メール→電話→デートと進めていきます。

 

このように、冷却期間1つとっても、
タイミング段階があるということです。

この記事を見て、「私間違ってた!
と感じた方は、今日からでもいいので、
行動を修整してみてください。

 

特に遠距離での復縁を目指している方は、
不安も多いと思います。

そんな方は、道端ジェシカさんの
記事も参考にしてくださいね!

>>道端ジェシカさんは遠距離恋愛から復縁結婚した!その2つの秘訣とは?【前編】