こちらは、前回の続きです。

 

「彼と復縁したい貴女へ」織田隼人著は、評価としてはB評価。参考にはなるレベルです

しかし、買う必要はないと思います。当サイトの情報でも十分にカバーできます。

 

参考にしてはいけないポイント

多くのサイトや復縁本は、「ほんと?それ、言って大丈夫なの?」と思うほど、勘違いをしてしまうような情報が載っています。

著者の織田隼人氏も、”復縁のプロ”ではありません。

たしかに恋愛には詳しいと思われますが、専門の方にはやはり歯が立ちません。

 

専門家は参考にしよう

野球で例えるなら、ピッチャーもできて、ホームランを打てても、イチローの打率には敵わないようなものです。

なぜなら、イチローは”ヒットを打つ専門家”だからです。

いくら野球で色々なポジションができたとしても、専門家にはまず勝てないのです。

 

恋愛でも一緒です。

 

”復縁のプロ””婚活のプロ””合コンのプロ”など、その道のプロの話を聞くべきなのです。

 

それでは、「彼と復縁したい貴女へ」で、参考にしてはいけないポイントを紹介します。

繰り返しますが、織田隼人氏は復縁のプロではありません。

 

参考にしてはいけない「1、違うジャンルのファッションに変える」

そもそもファッションを変えることはいいのです。復縁には、かなり効果を発揮しますからね。

しかし、本書では、「今までと違うジャンルに挑戦しましょう」と書いてあります。

これは、読む人によっては、かなり勘違いしてしまいます。

 

たしかに違うジャンルも効果ありだが・・・

本書では以下の6つのジャンルから選んで、「ファッションを変えていきましょう」ということを言っています。

PhH3nnSvCxRSiHMTNn48uUm_rltXHHfRP5xIcMoDVKk

しかし、それでは足りません。むしろ、復縁も失敗してしまうかもしれません。

なぜならファッションとは自分のためではなく、「相手のために整えるものでもある」からです。

 

オシャレだけなら、自分が良いと思った服でいいでしょう。

しかし、「身だしなみを整える」となると違います。

相手の視線も重要になってくるからです。

 

元カレがいいと思うファッションが重要

復縁では、少しだけ戦略的に進めていく必要があります。

なぜなら、1度別れた相手をまた好きにさせるわけですから。

何も準備せず、考えなしにやっていても、離れた心は戻ってきません。

 

重要なのは、元カレがいいと思うファッションです。

「彼と復縁したい貴女へ」織田隼人著では、それが書かれていません。

”とりあえず、ファッションを変えろ!”と言っています。

これでは、失敗する確率をわざわざ自分で下げているようなものです。

 

たしかに恋愛の知識があるので、そう言ってしまうのはわからなくもありません。

しかし、復縁は恋愛とは少しだけ違います。

本書では、そこを少し履き違えています。くれぐれもご注意を。

・・・

長くなりましたので、次回に続けます。

次回も、「参考にしてはいけないポイント」です。

多くの書籍に間違ったことが平気で書いてあるのですが、あなたは決して真似してはいけません。

1 2 3