評価A:男に振り回さた人にオススメ

本書は、2009年に沖川氏が執筆した本になります。

その時点で、1万5千人の相談件数があると明記してあります。

数々の恋愛相談の経験から、男性に対する”正しい素振り”や、”対応方法”などが書かれています。

もちろん、復縁に関する情報も含まれています。

この本を読むだけでは復縁はできないでしょうが、「自分がやってしまった間違い」には気がつくでしょう。

 

復縁を考えるのであれば、買っておいてもいいと思います。

個人的には、Amazonの中古で十分です。

 

いくつか参考になる部分を公開します

これはいい」と感じた部分を抜粋します。

この本は、数々の相談事例(実体験)から作成されていますので、男性の行動パターンがよくわかります。

復縁に対して、知恵をつける意味でも、ぜひこの先を読んでおいてください。

 

1、忙しくなると彼女のことは考えられない

kDjMKNecLwRJbAMRcAVAhx5Sp46yJXbXmS7Yk-uA404

必ずしも全員ではありませんが、男性は基本的には仕事が中心な生き物です。

なぜなら、男性はマンモスを狩っていた狩猟民族の血を今でもひいているからです。

現代ではマンモスはいません。そのかわり、「会社で仕事をする」ということが「狩り」にあたるわけです。

 

男性は、マンモスという食料を自分の村に運ぶことが役割でした。

それが、男性が村の中でできる、唯一の存在価値だったのです。

現代では「仕事が狩り」です。

ですから仕事がダメになると、男性は存在価値すら失います。

 

よく男性は仕事で失敗して自ら辞めたり、命まで経ってしまう人がいます。

それだけ、男性にとって仕事はまさに死活問題です。仕事が命なのです。

 

さらに脳梁がせまい

男性は、右脳と左脳をつなぐ脳梁(のうりょう)という部分が、女性と比べてせまいです。

これが狭いことで、右脳と左脳とやりとりがスムーズではありません。

よって、男性は2つのことを同時にできません。

 

例えば、女性であるあなたは、「電話をしながら絵を書く」「喋りながら、料理ができる」こういったことができると思います。

しかし、男性はこれができません。私も男ですので、1つのことしかできません。

 

男は1つのことしか考えられない

実は男性は仕事が忙しいと、恋愛や趣味のことなど、いろいろと考えることができません。

上記したように、特に「仕事=死活問題」ですから、仕事が忙しいと以下のようなことがおきます。

・仕事に集中しているから、彼女のことを忘れる

・彼女のことを思って仕事に手を抜くと、死活問題。それはできない。

この2つの理由から、男性が忙しくなると女性のことを考えられないのです。

もし、彼の仕事が忙しくて別れてしまったのであれば、それは「男性の性質」であって、彼の性格ではありません。

彼を責めずに、受け入れる必要があります。

・・・

長くなりましたので、次回に続けます。

次回も2つの内容を抜粋します。復縁をしたいのであれば、知っておく知識になります。

数分で読めますので、ぜひ読んでみてください。

1 2