評価C:勇気はもらえるが、これでは復縁できない

著者の浅海氏は、大手営業で全国TOP10に入ったというコミュニケーションの達人です。

本書ではコミュニケーションの秘訣や、困難を乗り越えていく考え方などが書かれています。

 

希望を感じる本ではある

冒頭の約50ページは、復縁に関して勇気を与えてくれる精神論です。

私も読んでいて、「これなら復縁に対してやる気が出てくるだろう」と感じました。

以下、本書の一部を抜粋していきます。

 

あきらめるな!

ダメな自分を認めるのではなく、素敵なあなたを認めてあげてください。

そして、復縁に対しても、まずは「私はできる」と思ってください。

uURGb-0EkAoNBZr1nXu9XZWdSYplluPzuqVbPGvkGz8

もっぱら精神論ですが、あながち間違ってはいません。

なぜなら私のところへ相談にくる方々も、復縁に成功する人の共通点は「自分を信じている人」だからです。

 

なにも、はじめから自信があったからではありません。

ゆっくりと時間をかけて「復縁はできる!」と思い込んでいくのです。

結果、復縁という現実を引き寄せるのです。

 

無償の愛をもて!

彼のために何かしてあげたいと思ったときは、「私がしたいからする」と考えましょう。

感謝をされて当たり前ではなく、「私がしたいからしただけ。感謝なんていらない」と考えるのです。

mqP9Gcb5pPIW44bSDqd4uBFc-Zr0IvAx8pstYi5A5Rk

交際中に、相手に求めすぎてしまう人は多いです。

それがストレスとなり、ケンカに発展。のちに破局というパターンになります。

 

このような考えですと、復縁もまたストレスがたまることは間違いありません。

電話したのに、メールしたのに、デートに誘ったのに・・・。

相手のリアクションがどうであれ、自分がしたいからしただけと捉えておく。

こうすれば、断られたときでも傷付かずに済みますね。

 

あまり考えすぎるな!

また振った側の男性に別れたあとの対応について聞くと、

その多くは「近況報告くらいならOK」「世間話程度なら、これまでとおりOK」と答えます。

当たり障りのない話を、当たり障りない程度で交わすくらいなら問題ないのですね。

n5OzweiE29YF2JsSAWT0uq4ANnHikHl4PbQiuS9jocI

相談に来られる女性のなかで、「彼にいつ連絡していいかわからない。こわい。」という方がいます。

本書の抜粋のとおりヒドイ別れ方をしていなければ、だいたい連絡は返ってきます。

そりゃ、たまに連絡がこない時もあります。ですが、それは「彼が仕事で忙しい時期でタイミングが悪かった」か、「彼がどう返事したらいいのか迷うような内容だった」のでしょう。

元カノからの連絡に嫌悪感をいだくことは、そうそうありません。

 

復縁はすばらしいこと

「復縁なんて考えるべきではない」というのは、数ある考え方の1つに過ぎません。

あなたに必要にない考え方は思い切って捨ててください。

-RJV910cVlWdWyR5RZOOz8TRdKa_P02um2SeI3hhO_c (1)

友人や同僚に相談すると「もっといい人いるよ」と、復縁をやめさせることを言う人がいます。

【復縁=はずかしい、よくない、なさけない】

こういう考えを持っていれば、それは大変もったいないことなのです。

 

1度はご縁があって付き合った二人なのです。何かしら意味があって付き合ったのです。

運命で結ばれた2人が再び結ばれることは、決して悪いことではないのです。

 

しかし、中盤以降は読まなくてもいい

上記のように抜粋した部分以外にも、参考になる箇所はたくさんありました。

しかし中盤あたりからは、「これは勘違いする人が多いだろう」と感じます。

間違ったことは言っていません。

ですが、偏った視点からのアドバイスという印象です。

 

全ての復縁に使えるものではありません。鵜呑みにすると、危ない本です。

・・・

長くなりましたので、次回に続きます。

次回は、なぜこの本を読んではいけないか?復縁に関して、非常に大切なことになってきます。

クリックして、続きをごらんください。

1 2