こちらは前回の続きです。

 

評価B:良いことは書いてある。でも読んだだけでは復縁は難しい。

前回もレビューしたように、本書だけでは復縁は難しいですね。結局、著者のコンサルへの誘導が見え見えです。

どうしても「Dr.タツコ・マーティン氏」のファンであれば、買ってもいいでしょう。

ただしそうでない場合、前回の記事を読んでおけば、買う必要ありません。

 

今回は、参考にしてはいけない部分をピックアップしていきます。勉強になりますので、ぜひ読んでおいてください。

 

1、気持ちが変わるのは3か月

どの復縁本にも、決まって「別れて3か月は連絡するな」などど書かれています。

本書も、「振った方が、相手を思い出すのは3か月」と書かれています。

IMG_5781

しかし、果たしてそうでしょうか・・?

 

実際、私自身も1度離婚していますが、離婚前に別居を切り出したのは私の方です。

 

別居をはじめてから、「1か月」「4か月」にとても寂しい思いをしたことを覚えています。

忘れもしません。夢に出てきたくらいですから。

 

しかし、別居から3か月はどうたったかと言いますと、特に問題なく過ごしていました。

本書では「3か月が正解」と言わんばかりに、堂々と書かれています。

すでに私の事例だけですが、まったく違うデータが出ていますよね?

 

ちなみに私の離婚が成立してから猛烈に悲しみに襲われたのたは、「2か月」が経ったときです。

まったくもって、「3か月」という基準があてになりません。笑ってしまいます。

 

そりゃそうです。10人10色。人間の心が100%正確にデータとして出ることはありません。

(ですから、冷静な分析と、ただしい知識が必要なのです。)

 

なんどもお伝えしていると思いますが、復縁本やよくある復縁サイトの”陳腐な情報”にだまされてはいけません。

>>冷却期間の正しい活用法とは?

 

2、つらいときに女友達に電話する

たしかに、自分のモヤモヤを聞いてもらえる友人は必要かもしれません。

IMG_5782

しかし、相談する相手を間違えると大変なことになります。

人間は、古来より仲間と同調することで、秩序をまもって現在まで繁栄してきました。

 

ですから、

・相手があくびをすると、こちらもあくびがでます。

・相手が怒っていると、こちらにも怒り伝染してきます。

・相手が泣いていると、こちらも悲しい気分になります。

 

このように、人間は無意識に相手と、「同じになりたがる」生き物なのです。

 

伝染は、科学的にも証明されている

実はこれは、「ミラーミューロン」という、脳にある特殊な機能が働くためです。

ミラーニューロンは、”相手の感情や気分、思考や思想までも自分に取り込んでしまう”のです。

 

例えばテンションが高い会社にいれば、あなたも自然と明るく振る舞うことでしょう。

逆に静かな真面目な会社であれば、うるさかった新入社員は数年もすれば大人しくなります。

 

よく「転職して旦那の性格が変わった」と言われます。それは、”新しい会社の人間の影響を受けただけ”なのです。

 

だから、友人に相談は怖い

あなたも辛いときは、友人に相談したいでしょう。それはとても良いことなのです。

しかし、「相談する友人がネガティブで、男運がない女性」でしたら、”非常に注意するべき”です。

なぜなら、ミラーニューロンの働きにより、その女性の思考や思想、さらには「男運のなさ」までが伝染してきます。

これは冗談ではなく、本気です。

>>復縁の相談相手を選ぶべき理由とは?

 

会社を見回しても、「仕事ができる人」「仕事ができない人」では、付き合っているグループが違うはずです。

そう、仕事面にもこのように影響が出るのですから、男関係に関しては尚更なのです。

 

言葉は悪いのですが、「幸せになれない女子は、同じように幸せになれない女子とつるんでいます

そんな友人に相談してしまっては、あなたの復縁がうまくいかなくなる確率が上がります。

 

ミラーニューロンは、優秀です。間違って使うと、大変なことになります。

相談するとしても、「男運がある幸せな女性」にしましょう。

 

3、自分のためにオシャレをする

IMG_5783

半分正解で、半分違います。

正しいことは、「自分のためにも、相手のためにオシャレをする」ということです。

自分だけのオシャレは、単なる自己満足です。

 

やらないよりかは効果がありますが、それだけでは彼の心は帰ってきません。

また、彼のドストライクすぎるファッションも少し危険です。

なぜなら、「あからさま過ぎる感」が出てしまうからです。

 

ですから比率としては、

「自分のため」:「彼のため」=3:7

これくらいが調度いいと思います。

 

またイメチェンするのであれば、自分の着たことがないファッションもいいと思います。

しかし、あまりにも違和感がある場合は、「彼がドストライクのファッション」→「彼がいいと思うファッション」

このようにレベルを下げていいと思います。くれぐれも、自分を犠牲にし過ぎないように。

 

結局は、書籍は参考にならん

ここまで記事を書いてきて、「やっぱり書籍は復縁に役に立たない」と、つくづく残念な気持ちになりました。

正直、少し怒りに似た感情が出てきたことも事実です。

 

上記のライティングが少し乱れていたら、間違いなく書籍に対する憤慨の現れです(笑)ご容赦ください。

 

確実な復縁には、「正しいコンサル」もしくは、「実績ある教材」

上記のように、書籍を出されている方のコンサルを受けて、復縁を目指すこともいいでしょう。

書籍の内容は・・・ですが、コンサルとしての実力はあると感じています。

しかし、高いと思います。

 

ある恋愛コンサルの方に聞いたことがあるのですが、半年の恋愛上達プログラムで「40万円」だそうです・・・!

それでもお客様がいるのですから、さすがです。

しかし・・・払えますか?

 

私だったら無理です。どうしても復縁したくても、やはり考えてしまいます。

そこで、やはり良いのが「実績ある教材」です。

マニュアル化されていて、どんな人でも復縁に正しい行動ができるものです。

 

それは、7ステップです。
これは、当サイトでも強く強くオススメしています。

書籍を30冊買うくらいなら、7ステップです。

 

私は、約4万円と2か月の歳月をかけて、こちらの30冊読みました。

IMG_5720

しかし、それでも書籍だけで復縁はかなり厳しいと感じました。

 

だいたいがコンサルに誘導です。

希望を持って買った読者の残念な顔を思い浮かべると、本当に出版業界に疑問を感じてきます。



時間をかけるのか?それとも・・・

上記写真のように、最低でも30冊〜50冊を読み込んで、正しい部分だけを抜き出し、実際に復縁できる人は何人いるでしょう?

おそらくゼロです。それができていれば、とっくに自力で復縁しているからです。

 

必要な情報量を書籍から得て理解するには、かなり時間がかかります。

働いている人ですと、2か月〜3か月はかかると思ってください。

そこからようやく、はじめて復縁に向けて動けます。それでは、遅い!

 

しかし、7ステップに関しては、書籍代よりもはるかに安く、そしてすぐに「復縁」できます。

なぜなら、正しい知識(男性心理)と、自己分析がしっかりでき、正しいアプローチで元カレを取り戻すことができるからです。

 

このように、実績は十分です。毎日のように復縁したい女性が買っています。

7ステップ1位

 

探偵事務所出身の復縁のプロがつくったマニュアルです。

2010年に販売されたのにも関わらず、みんなこれを買って復縁しているのです。

 

最短での復縁を目指すなら

もう、あてにならない書籍にお金と時間をかけるのなら、7ステップで一発解決したほうが、断然いいです。

繰り返しますが、書籍は「著者がコンサルしたいだけ」です。

たま〜に良いことが書いてあるレベルです。

 

40万払うか?安くても確実な商材を買うか?こちらの選択はあなた次第です。

私でしたら、迷わず7ステップです。

 

特典でプロにメール相談できますし、自分の間違いに必ず気がつき、どうすればいいかわかるからです。

Dr.タツコ・マーティン氏の書籍のように、「で、結局どうしたらいいの?」になることは100%ありえません。

 

保証します。賢い人は、みんな7ステップを選んでいます。

 

長くなってしまったので、続きのレビューはこちらになります。

>>自己分析を通して復縁するための最適教材「7ステップ」のレビューと特典のご紹介

 

1 2