私って元彼からどう思われているんだろう…
そんな疑問はないですか?

あなたと元彼の別れ方によって、
元彼の心理や復縁までの距離は変わります。

 

別れ方が穏やかであるほど、
紳士的であるほど復縁も近く、

逆に、

距離を置かれた別れ方であるほど、
復縁までは遠いと考えてください。

 

では、大きく分けていくつかの
別れパターンを見ていきましょう。

 

直接会って話して別れた

元彼があなたと別れる際に、
直接会ってしっかり話して別れたなら、

彼の中にあるあなたへのマイナス感情は
少なめだと考えて良いでしょう。

これが最も良いパターンです。

 

男性も人間なので、
出来れば悪者にはなりたくありません。

にもかかわらず、
最後は面と向かって会話したなら、

それはあなたに対し敬意を表しており、
投げやりではないということです。

 

電話で話して別れた

電話で話して別れるパターンの場合、
しっかりと話して別れたい意思はあるものの、
直接会うのを面倒と感じていることが多いです。

 

たとえば、

  • 別れ話をすると泣く
  • 復縁したいとすがる
  • ヒステリックになり怒り出す

などの対応が見られる彼女の場合、
彼氏は電話で済ませようとします。

 

ただ、この場合でも、
多少の面倒臭さは感じているものの、
あなたと向き合う姿勢はあるので、

セーフのラインだと思って大丈夫です。

 

また、遠距離恋愛の場合など、
直接会えない事情がある場合には、
先ほどの話は当てはまりません。

あくまで、会えるのに会わない
そんな状況における話です。

 

LINEやメールで別れた

直接会わない、電話でも話さない、
文面だけで別れてしまったパターン。

この場合、元彼の心理的にかなりの
マイナス感情があると思ってください。

 

「言葉を交わそうとしない」
その行動が意味するところは、

  • 話したくないほど嫌だ
  • どうせ話しても通じない
  • もはや恐怖心さえある

という心理状態かもしれません。

こういった状況の場合には、
100%冷却期間が必要になります。

 

突然の別れ

最後に紹介するのは「突然の別れ
これは最も最悪パターンです。

 

突然といっても、

 

最近なんだか違和感を感じていたとか、
彼氏に変化があった場合は別です。

本当に何事もなく過ごしていたのに、
突然別れを切り出してきて、
なおかつ電話も会いもしない。

それは完全な拒絶を意味しています。

 

こういったケースの場合、
冷却期間がどうのという話の前に、
まずはサッと引く姿勢が重要になります。

元彼が拒絶反応を示している時というのは、
こちらが何を言っても響きません。

そういう時は、まずは距離を置き、
彼のマイナス感情が静まるのを待つことです。

 

気持ちが静まってからならば、
いくらだってチャンスは待っています。

参考)瀬戸朝香さんの復縁結婚から学ぶ、信じて待つことの重要性

 

状況が分かったら前に踏み出そう!

今日は4つの別れ方を解説しましたが、
いかがでしたでしょうか?

自分が思うより状況は良かったとか、
逆に、厳しい現実を知ってしまった、
という方もいたと思います。

 

もしも状況が悪いと感じた時は、
清く冷却期間を取ることをお勧めします。

逆に、自分が臆病になっていただけで、
本当は想像以上に状況が良かったと思う人は、
勇気を持って前に進んでください!

元彼へのアプローチはこちらを参考に。
>>元彼へのアプローチの記事一覧はこちら