もしかするとあなたは、元彼をデートや食事にうまく誘えなくて困っているかもしれません。

そんな方へ向けて、元彼を誘い出せる人とそうでない人の違いについて考えてみます。

 

違いはオファーにあり!

元彼と復縁するためには、徐々に仲良くなり、直接顔を合わせる機会が必須です。

まさかいないと思いますが、Lineやメールだけで元彼を好きにさせたり、復縁までこぎつけようなんて思ってませんよね?!

 

さて、では元彼をデートや食事、映画などとにかく直接会う機会を作るためにはどのような事に注意したらよいのか?

結論を言うと、それは「オファー」です。

もっと分かりやすい言葉で言うなら、「メリット」と言ってもいいでしょう。

 

人は、自分にメリットがある時に動きます。

 

誘っても全然応じてくれません、、

たまに、こういった相談を受けます。
元彼をご飯に誘っても断られます。

そういった方のメールやLineを見せてもらうと、ほとんどのケースでオファー(メリット)が抜け落ちています。

 

男性が女性と会うのは、単純にその女性が好きだから会うのか、または他にオファー(メリット)があるからです。

 

なので、あなたを好きではなくなってしまった元彼に対し「会いたい」「ご飯に行きたい」とせがんでも、それはあなただけの願望であり、彼が受け入れてくれる可能性は低いということです。

 

オファー(メリット)ってなに?

では、「オファーって何?」という話ですが、簡単に言うと「彼がプラスの感情になるようなものを与える」ということです。

 

ここでの与えるものとは、単純に「物」ではなく、「感情」であったり「場」、「食べ物」「情報」など、あらゆるものが含まれます。

たとえば、元彼をご飯に誘うにしても、ただ「ご飯行かない?」と誘うのではなく、彼の好きな食べ物を思い出し、お勧めのお店を探してみるなど、オファーすることが重要です。

 

仮に、元彼が焼き鳥を好きだったとして、隠れ家的な人気店を見つけてきたらどうでしょう?

しかも、彼の大好きなホルモン系の串が充実しているなんて言ったら、、、?

 

情報探しのストーカーになれ

さて、ここまでの説明でオファーについては理解いただけたかと思いますが、最後にリサーチの重要性について。

 

復縁でストーカーと聞くと印象は悪いですが、彼のリサーチ(情報探し)においてはストーカーになってください。

彼が好きなもの、好きな場所、食べ物、彼が好むものをリサーチしておくわけです。

 

その中で自分がオファー出来そうなものを選んで、誘いのネタにする、これが元彼を誘い出せる人の特徴ですね。

あとは、試行錯誤を生き抜いていくために、こちらの記事も読んでおくと良いでしょう。

>>元彼から良い反応を得るには「チャンス」を伺うこと!1度の結果に拘ってはいけない。