元彼の興味を引きたいなら「好意」や「未練」は見せてはいけない。

どこの復縁サイトでも言われることです。

 

ですが、あまりに色んなところで出回った情報のために、その意味を取り違えている方も多いです。

たとえば、これらの状況であなたはどう振る舞いますか?!

 

  • 別れてから数ヶ月経ったあなたの誕生日。期待はしていなかったが、元カレからまさかのお祝いメールが!
  • 転職してまだまだ不安なあなた。そんなあなたに元カレから「うまくいくよう祈ってる」と連絡が!

 

これらの状況で、もし好意を見せないにこだわってしまった場合、きっととてもシンプルな返事をしたり、

感情表現のないようなメッセージになってしまうはずです。

ですが、実はその対応は間違っています。

 

「好意」とは与えるもの、「感謝」は受け取るもの

なぜ先ほどの対応が間違っているのか、それは「好意」と「感謝」を取り違えているからです。

復縁でNGとされる好意とは、あなたが彼に対して気持ちを押し付けてしまう行動です。

たとえば、しつこく連絡してみたり、彼の状況も考えずに会おう会おうと言ってみたり、終いには復縁を迫る、などです。

 

それに対し、先ほどのケースはどうでしょう?
彼が自発的に行動していますよね。

その場合、彼発信の行動になりますから、しっかりと受け取らなければいけないわけです。

それが「感謝」に当たります。

 

「感謝」はしっかり表現すべし

あんまり喜ぶと好きなのがバレるんじゃないか・・?

そんな不安を持ってしまう方もいるようですが、その心配はありません。

 

そもそも、人間が他人に対して良い行いをする時というのは、少なからず相手を喜ばせる意思があるはずです。

そこで喜ばないほうが、彼にとっては消化不良となってしまい、不満足感を感じてしまいます。

ですから、彼に何かしてもらった際は、しっかりと自己表現しましょう。

 

その際、単に感謝を述べるだけでなく、感情表現を入れるとさらに良いです。

たとえば、「嬉しい」「元気が出たよ」などですね。

 

彼からの良い行いは復縁の兆し?

先ほども言いましたが、人が他人に何かしてあげる時というのは、相手を喜ばせようとか、自分を好きになって欲しい時がほとんどです。

だって、あなたも嫌いな人に尽くそうなんて思いませんよね???

 

なので、もし彼があなたに何かしてくれるとか、良い言葉をかけてくれるようになった時は、

彼の中であなたの株価が上がり、復縁の兆しが見え始めていると思っても良いです。

 

復縁のきっかけ作りにはこちらも参考に。

>>【難易度別】元彼との復縁に繋がるきっかけ18パターン