せっかく遊べるチャンスで、嬉しい気分^^

やっと、元カレと会える!遊べる!これは、ずっと待ち望んでいた大チャンスです♪

きっと、これまでの寂しさがウソのように、心がぱ〜っと晴れたような気分でしょう。

 

そして、同時に、「本当に会っていいのだろうか?」という、不安にも似た感情を感じているかもしれません。

 

そこで今回は、「元カレと遊ぶときに、特に気をつけておきたいこと」をピックアップしてまとめました。

必ず参考になりますので、しっかりと目を通しておいてください。

 

カラダの関係は絶対に避ける

よく復縁中に、どうしてもカラダの関係になってしまう方がいます。

もう少し早く連絡をくれれば対処ができたものの、結果的に復縁できなかった方もいます。

 

まず結論から言いますが、復縁中に「カラダの関係は100%NG」です!

ある書籍で、カラダの関係から元サヤに戻れた実例がありましたが、多くの方ができるようなものではありません。

あえて著者名はあげませんが、こういった情報を鵜呑みにしてはいけません。

 

再開した元カレは、犬?!

少し話はそれます。犬の話をしていきますね。

ご存知かもしれませんが、犬に芸を仕込む場合は、餌やおやつをあげるときが一番です。

犬はエサを欲しいがために、必死になってお手をしたり、素直に待てをしています。

 

これを続けると、エサを持っていなくても、ちゃんとお手をしたりと、言うことを聞くようになります。

しかし、エサを与えてから「お手!」と言っても、ワンちゃんは言うことを聞きません。

なぜなら、「食べれるものは食べたいから」です。

 

これは、元カレも一緒なのです。

どういうことでしょう?

 

元カレを犬だと思えばいい

実は元カレは、再開したあなたを見て、「食べたい・・・」と少なからず思っているのです。
(思われていないと復縁は難しいかもしれませんね)

そして、仮に付き合う前にカラダの関係になってしまうと、「食えるものは食えたから」状態になり、言うことを聞きません。

 

デートしようよ、付き合おうよ、メール返してよ〜! こんなことを言っても、言うことは聞いてくれません。

 

なぜなら、「食えるものは食えたから」。ほんと、犬と一緒なのです^^;

 

ですから、「付き合う」というあなたの希望を通したければ、絶対に、「待て!」をさせておく必要があります!!!

「君を食べたいんだ〜」という気持ちが強くなれば、メールの返信もありますし、電話もあるでしょう。

 

あなたは、それに対しても焦らしておけばOKです。

元カレは、まるで必死になって「待て」や「お手」をしているワンちゃんのようになります。

ここまでできたら、向こうから告白してくるかもしれません。

 

お酒の場は避けたほうがいい

デートするとき、「週末の夜遅くから飲み」ですと、彼はほぼ間違いなく夜の関係を期待しています。

ですから、できれば休日のランチや、夕方にお茶というスタイルがいいでしょう。

ここはなんとか「待て!」をさせておくべきです。

 

そして、75分ほどで席を立つといいでしょう。(60分は短い、90分は少し長い。)

「え?もう帰るの?」と思わせることが大事。

長期的に「待て!」をさせる訳ですが、非常に効果があります。男に追いかけさせましょう。

 

ガツガツと質問をしない

また、元カレと久しぶりに会うとやってしまう大きなNG行為がもう1つあります。

それが、これまで会ってなかった期間のことを根ほり葉ほり聞こうとすること。

これは、男性はかな〜り嫌がります。

 

例えば、

「週末はいっつも何してたの?」

「最近は、ちゃんと朝ご飯たべてるの?」

「メールした2週間前って、何してたの?」

 

男性は自由でいたい生き物。

いちいち聞かれてしまうと、自分の「自由」が奪われたような気分になり不快に思います。

 

また、男性は「目的思考」が強い生き物です。

例えば、ウィンドウショッピングはあまり得意ではなく、「今日は●●を買う」と決めて、決まった店にしか行かない傾向にあります。

 

これは、会話でも同様です。

「週末はいっつも何してたの?」」→(答える目的がないと感じます)→「え、別に・・なんで?(イラっ)」

男性は女性のように、あれこれ情報を共有しないのです。

 

例えば、男性同士のでは、「お互いがいつ引越しをしたのか?」さえ知らないのです。

なぜなら、男性は会話しているとき「左脳しか使っていない」と言われています。

ですから、会話に結論を求める傾向が強く、事後報告になりやすいのですね。

 

ちなみに、私もそうですし友人もそうですが、「実は、●●したんだよね」という事後報告だけをして近況報告は終了です。

それも、20〜30分で終わります。

あまり目的のない質問はしないようにした方が、再開したときに元カレに好印象です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?男性には「野生のハンター精神」が今でも健在です。

ですから、”食べられるものがあれば、食べたい”と、基本的には思っています。

(キャバクラや風俗がなくならない理由も、なんとなくお分かりでしょうか?)

 

いや〜私の元カレはどうかな?」と思っていても、本性を隠しているだけかもしれません。

復縁では、カラダの関係を避けるために、相手を「繁殖期の犬」だと思っておく。

これで、デートプランも賢く立てることができますね。

 

※ちょっと言い過ぎかもしれませんが、これくらい思っていれば復縁はカンタンになります^^

 

復縁するためにデートしたい気持ちはわかりますが、会った途端に質問しすぎないこと。

男性は、自由でいたい。そして、目的思考が強い。女性のように感情を共有するのがあまり得意ではありません。

 

しかし、彼の方から喋ってきた場合は、いろいろ聞いてあげてもいいでしょう。

要するに、「相手が望んでいる会話」を心がけるといいのです。

女友達と喋る感覚で会話をしても、男性とはうまくいきませんよ。

(これは結婚後にも活きてくるノウハウです!)

 

あとは、こちらもチェックしておいてください。

>>元彼と会う際に絶対に忘れてはいけないたった1つのこと