前回の続きです。

 

3、メールを送りすぎた

よくありがちな失敗パターンですが、長文で謝罪をしたり、何度もメールしてしまうことです。

そもそも、男性はメールや電話は、情報収集のツールとしか考えていません。

>>元彼からのLINEやメールが冷たくなってしまう理由

 

ですから、女性のように「メール」「長電話」は基本的には苦手なのです。

これは、男性の脳がシングルタスクであるからです。

このサイトで何度も伝えていますが、男性の脳は左脳と右脳をつなぐ脳梁(のうりょう)が細いのです。

 

ですから、会話をするときは左脳。考えるときは、右脳。

女性のように、バランスよく両方の脳を使うことができません。

 

いそがしいと、2つはムリ

男性の仕事が忙しいと、同時に恋愛を進めていくのは困難になります。

これは、男性の脳が”1つずつしかできない”という性質のためです。

 

たとえば、仕事で忙しいときに、あなたから長文でメールがきたとします。

男性はどんな行動に出ると思いますか?

 

「既読スルー」

 

一応文章は読みますが、仕事のことが頭いっぱいなので、内容の理解ができません。

あなたの訴えたい気持ちの1ミリも理解してくれません。

そして、面倒になって、「返信は、あと」にしてしまいます。結局、返信することはありません。

 

しばらく放っておくorライトなメール

男性の仕事が忙しい場合、復縁のアプローチをしてもあまり効果はありません。

しかし、必ず仕事が落ち着くときはやってきます。

そのタイミングで、カレから連絡があることが多いですね。

 

また、忙しい場合でも、あなたに復縁準備がしっかりできているのであれば、思い切ってコンタクトをとったほうがいいでしょう。

その際、非常にライトなメールを送ることです。

 

たとえば、

久しぶり。元気してる?私は、仕事も順調で、趣味で●●はじめたよ。日々、充実しています^^

 

これくらい、ライトでいいです。

元カレからしたら、「なんでメールきた?!」という疑問と、現状の充実した報告で、あなたのことが気になってきます。

短いメールで、興味を自分に向かせるのです。(あからさまな自己アピールは、かえって逆効果。)

 

男性が重いと感じないようでしたら、返信はあります。

また、返信があっても、1〜2日置いて返信しましょう。

すぐに返信すると、ガッツいている感じがして逃げてしまいます。

・・・

長くなりましたので、次回に続けます。

1 2 3 4 5