どうしてダメだったんだろう・・・と考えていませんか?

私じゃだめだったんだろうか?
どうして彼は去ってしまったのか。

考えても考えても答えがでない・・・。

帰ってくるわけないのに、玄関開けて「ただいま」って言ってくれそうな気がする。

夢にまで出てきて、いつまでも忘れられない・・・。

つらいですよね。とてもわかります。

 

でもね、大丈夫。その元カレを思う気持ちは大事にしてください。

復縁は、男性心理と自己分析ができていれば、さほど難しくありません。

一緒に学んで、彼ともう1度カップルとしてやり直しましょう。

 

さて、今回はキャサリン妃の復縁について学びます。

とても参考になる話ですので、ぜひ読み進めていってくださいね。

それでは、いきましょう。

 

一国の主人でさえ、復縁結婚なのです(笑)

スクリーンショット 2015-05-18 17.06.20

よく復縁は恥ずかしい、ということを聞きます。

しかし、それは「復縁=ダメなこと」という勘違いがあるように思えます。

 

でもよく考えてみると、イギリスという国の王子と王妃でさえ復縁しています。

世界のトップクラスでさえ、復縁という手段で結婚しているのです。

これは、多くの女性たちに勇気を与えたのではないでしょうか?

 

「王族だから特別なのでは?」と思うかもしれませんが、キャサリン妃はもともと一般の方です。それも、本当にふつーの方です(笑)

まるでシンデレラストーリーですが、彼女からは美しさだけでなく”内側から洗練されたもの”を感じますね。

 

なぜ彼女は、大きなプレッシャーにも負けず、復縁に成功できたのでしょうか?

一国の王子様だって落ちてしまう復縁テクニックを、一緒に紐解いていきましょう。

 

とにかく自分の芯をしっかりもっている女性

ウィリアム王子の度重なる浮気が発覚し、ついには破局した2人。

しかし、キャサリン妃はそれに落ち込むことなく仕事や趣味、自分磨きに励んだそうです。

 

普通だったら、しばらく落ち込んだり、友達にグチを聞いてもらおうとしませんか?

しかし、彼女にはそれがまったくありませんでした。

むしろ、「別れてから元気になった?」くらいのテンションだったそうです。

普通だったら考えられませんが、彼女はあることを誓っていたようです。

 

それは、「女として成長し、また王子を振り向かせてやる!」と。

 

冷却期間は、その人による!

以前の記事でも紹介しましたが、別れた女性がこんなスタンスでいられると男は落ちやすくなります。

それは、「私はあなたが好き。私は1人でいても楽しく幸せ」です。

>>アンミカはなぜ金持ちイケメンと結婚できたのか?復縁にも応用できる彼女の生き様

 

2つのバランスが大事になってきますが、キャサリン妃はうまくやったのでしょう。

6週間後のパーティーにて、見事復縁していますね。

 

この6週間という数字がキモですね。

多くの復縁本やサイトでは「3か月は冷却期間を!」と言っていますが、必ずしもそうとは限りません。

 

キャサリン妃は”ここぞ!”というタイミングを逃しませんでした。

もし、「3か月は冷却期間」という固定概念があったとしたら、今ころイギリスの王女は違う方だったかもしれません。

 

心の支えだった彼女がいなくなり、後から”彼女は本当に大事だった”と気がつくのが男です。

こちらの記事でも紹介していますが、男性の脳は左脳と右脳のやりとりが遅いため、正しい選択に時間がかかることがあります。

>>ロンブー淳の嫁との復縁&結婚は、男性の心理をうまく利用していたからできたのです。

 

男の浮気は、心まで浮気しないことがほとんど

ウィリアム王子の場合は、「女遊び」に夢中になっていたのでしょう。

男としては、分からなくもありません。これから王子として世界から注目を浴びるのです。結婚前に遊んでおきたかったのでしょう。

しかし、こんな事は女性にとっては「怒!」でしかありませんよね。

 

男は感情がなくても女性と寝れる生き物です。

行動の8割が性的な根源であるといっても過言ではありません。

その典型的なのは、「仕事で成果を出したい!」でしょう。

社長さんや、政治家には、”もてたい!”という原動力は人一倍強いと言います。

 

例えば、有名な首相「田中角栄氏」は愛人が何人もいたと言われています。

しかも、50分きっかりにことを済ませて帰ってきたそうですね(笑)

重要な対談や打ち合わせの合間に、わざと60分時間を空けておいたとも言われています。

「英雄色を好む」とは、あながち間違っていませんね。

 

あなたの彼氏に出世意欲はありますか?

「将来は部長まではいきたい」
「ただのサラリーマンでは終わりたくない」
「もっと稼げるところへ転職したい」

こんなセリフを聞いたことあれば、間違いなく元カレさんは”出世意欲タイプ”の男性です。

このタイプは、夢や目標に進んでいくことに喜びを感じる男性です。

また、「どうしても手に入れたい!」という欲も、密かに強い傾向にあります。

 

人の性格は13歳までに決まると言われていますから、この先も変わらないでしょう。

気をつけてほしいのが、このタイプの傾向がある男性は”とても男性的”であるということです。

自分に厳しかったり、ナヨナヨしている人を嫌ったりすることもあります。

 

長くなりましたので、次回に続けます。

次回は、いよいよどのように元カレと復縁していくか解説していきます。

1 2