人生は他人から大きな影響をうけます

例えば、あなたが転職をしたとします。

(学生や主婦の方でしたら、アルバイト先をイメージしてください)

もし、新しい職場が、
どんよりとして暗い」とします。

 

きっとあなたは、数ヶ月後にはすっかり同じ色に染まり、「少し暗い人」になっている可能性が高いです。

また、ふつうの子がヤンキーたちと仲良くなると、数か月後には、「髪が明るい色」になっている可能性もあります。

 

このように、人間はその環境になぜか馴染むようにできているのです。

 

これは、ホメオスタシスの効果

人間は”集団”で生き残ってきた種族です。

ですから、集団が一定の色であることを維持しようとします。

 

例えばですが、昔マンモスを狩っていた時代で、男性がみんなでハンティングをしにいくとき。

ん〜気が変わった!俺は、木の実とるわ!」と、コロコロと気分が変わる人がいたらどうでしょう?

 

これでは、狩りが成立しません・・・!

そういった祖先は、絶滅しているのです。

 

ですから、集団が常に同じ方向を向き、同じ獲物をとるために、
みんなで一緒になる
みんなが同じ空気感になる

という、同調性が発達した祖先だけ生き残ってきました。

これを集団のホメオスタシスといいます。

 

例えば、夫婦がなぜか似てくるように、人間は自分がいる環境の人間と「同じになりたがる」のです。

それが、我々祖先が生きながらえてきた知恵なのです。

復縁するときには、これを忘れてはいけません。

 

本題に入ります。

さて、ここまでお話をしてきましたので、だいたいお分かりだと思います。

今回は、「復縁しない方がいい男の特徴」です。

そう、実はあなたがもっとも影響をうける人間は、他でもない好きな異性です。

 

例えば、酒井法子さんはとても清楚な女性でした。

しかし、交際した男性がクスリをやっていたために、酒井法子さん自身も「同じになってしまいました。」

 

これが、ホメオスタシスの怖いところでもあります。良くも悪くも、同じになってしまいます。

ですから、長い長いあなたの人生を考えても、いっときの感情だけで復縁しないほうがいい場合あるのです。

 

なぜ男にはまるのか?

復縁しないほうがいい男性がいることは、あなたにとって少し驚きだったかもしれません。

ずっと愛していた彼と戻らないほうがいいなんて?!」と。

しかし、恋は時として盲目になります。

 

実は好きな人がいるとき、私たちの身体にはフェニルエチルアミンという恋愛ホルモンが出ています。
(この言葉を覚える必要はありません)

 

好きな人がどんな人間であれ、このホルモンが出ると、ぞっこんになってしまいます。

しかし、フェニルエチルアミンが分泌されなくなると、一瞬にして冷めると言われています。

ですから、戻らないほうがいい!とわかっていれば、時間経過で彼への思いも薄れていきます。

 

つらいかもしれませんが、長い人生を考えると、復縁しないほうがいい恋もあるのです。

 

冷静に考えるチャンスですから、じっくり考えてほしいと思います。

あなたは幸せになっていいのです。

 

復縁しない方がいい男の特徴

それでは、内容にはいっていきます。

復縁しないほうがいい男の特徴は以下の3タイプあります。

  • 復縁しない方がいい男の特徴:暴力がひどい
  • 復縁しない方がいい男の特徴:金使いがあらい
  • 復縁しない方がいい男の特徴:酒が入ると豹変する

 

長くなってしまったので、それぞれの解説は次回以降にしますが、見る前にこれだけは忘れないようにしてくださいね!

人間は自分がいる環境の人間と「同じになりたがる」

 

それでは次回、「復縁しない方がいい男の特徴:暴力がひどい」を解説していきます。

1 2 3 4