元彼と別れたはいいものの、
彼の家の合鍵を持っているままだったり、
彼の家に荷物を置いてあるケースがあります。

または、あなたの家に彼の荷物が残っているケースもありますね。

 

そういった「合鍵」や「荷物」に関して、

どのタイミングでやり取りするのがいいのか
解説していきたいと思います。

 

あなたの家に彼の「荷物」が残っている場合

あなた家に元彼の荷物がある場合、
状況に関係なく、出来る限り早く、
荷物を返した方がいいです。

 

その理由としては、
男性のナワバリ意識が関係しています。

>>元カレが連絡してくる心理とは?男性特有のナワバリ意識が関係してる

 

男性には「自分の領域」「テリトリー」
の概念があるため、荷物を置いたままだと
彼は心に余裕を抱えたままです。

自分の領域にあなたの存在を感じるため、
いつでもすぐに取り戻せる
と感じてしまうでしょう。

そのような状態では、
彼はあなたを彼女にしようとは思いません。

 

なので、すぐに荷物は取りに行くべきです。

 

彼の家にあなたの「荷物」がある場合

元彼の家にあなたの荷物がある場合、
この場合は彼の状況によって変わります。

 

彼が心理的に余裕を持っているなら

別れてから、彼があなたに対して、
明らかに心の余裕を見せているような場合には、
出来るだけ早く荷物を返してもらうべきです。

これも先ほどのナワバリ意識に関係していて、
あなたの荷物を持っておくことによって、
手に入っている」感覚になります。

これでは彼の気持ちは燃えません。

 

もしかするとあなたは、荷物を返すことで、
彼との繋がりが無くなってしまいそうで不安

そう思うかもしれません。
ですが、実際はその逆です。

自分から彼のテリトリーを抜けることで、
彼はより一層追うようになりますよ!

 

彼があなたに対し未練を見せた場合

先ほどとは逆に、元彼があなたに対して未練を見せていたり、または寂しさや孤独を感じている場合には、

荷物を置いたままにしておくべきです。

そうすることで彼の中であなたの存在がより大きくなり、復縁へのモチベーションが高まる可能性があります。

 

ただし、何度も言うようですが、彼があなたに未練を見せた場合に限ります。

彼があなたに対して余裕を感じている場合には、その余裕が増してしまうだけです。

 

「合鍵」はすぐに返すべき?

では「合鍵」の場合はどうかというと、
こちらは少し複雑です。

元彼に「新しい彼女」または「気になる女性
がいる場合、鍵も返すべきでしょう。

 

え、そんなことしたら余計に…
そう思った方もいるかもしれません。

ですが、これも逆転の発想です。

 

彼は現在、新しい女性に夢中。
そして、あなたとは距離を置いている。

これは言ってみれば、リスクを負って、
新しい獲物を追っている
わけです。

だから、彼も内心、怖い。。。

 

新しい彼女とうまくいくかな?
あの子と本当に付き合えるだろうか…

こんな風に感じています。

 

そんな時に、あなたが
いつでも来れる状態だとどうでしょう?

いざとなったらあいつがいる
そういう余裕が生まれてしまうんですね。

すると彼は新しい女性に対し、
大胆に勝負できてしまいます。

 

人間、保険があると大胆になれます。

特に、

まだ鍵持っててもいいよ!
と言う男性ほど保険を欲しがってます。

だから、余裕を与えないことが大事。

 

鍵を返すことで、彼には新しい女性しか
選択肢がなくなり、焦り始めます。

やっぱり安心できる元カノに戻る??
こういった考えが頭をよぎります。

 

だから、新しい女性の存在があるほど、
鍵は早く返してしまうべきです。

 

逆に、新しい女性の存在がない場合には、
出来るだけ持っておいた方が良いですね。

 

元彼に合鍵を返す理想のタイミング

また、時間が経ってから合鍵を返す場合のタイミングについてですが、これは冷却期間明けがベストです。

なぜなら、冷却期間明けに、
会うための理由に使えるからです。

 

彼と別れて冷却期間を置くと、
会う理由は見つけにくいものです。

そんな時に家の鍵を持っていれば、
十分に会う理由になります。

 

理由があることで依頼は通りやすい

意外に知られていない知識ですが、
人間は理由があると依頼を受け入れやすくなります。

その理由の”内容“を問わずです。

 
ある心理実験において、
以下の3パターンで相手の反応
試したものがあります。

  1. 理由なしに依頼をする
  2. 不当な理由で依頼をする
  3. 真っ当な理由で依頼をする

 

普通に考えれば、①から③の順に
相手の承諾率は上がるはずです。

ですが、結果は異なりました。

なんと、理由がある方が
承諾率が上がるのはもちろん、
②と③で承諾率に違いはありませんでした。

 

つまり、乱暴な言い方をすれば、

どんな理由でもいいから理由さえあれば、
相手は依頼を受け入れやすい

ということです。

 

ですので、元彼の合鍵を持ち続ける場合には、冷却期間明けに会うための切り札として取っておきましょう!

また、久しぶりに元彼に連絡する時はこちらを参考にどうぞ。

>>冷却期間明けに元彼にメール・LINEする際の心構え、注意点、内容