元彼に新しい彼女がいるケースでは、
早く別れてくれないかな」と
ついつい思ってしまうものですね。

 

元彼には幸せになってもらいたい反面、
やはり、自分の元に帰ってきてほしいものです。

では、男性が新しい彼女と付き合った後に、
やっぱ別れようかな」と思う瞬間や、
その理由は何でしょうか。

少し話しておこうと思います。

 

新鮮さは男性の目を狂わす

恋は盲目と言われるように、
男性にとって新しい女性は新鮮で、
とても魅力的に映ります。

 

そのため、周囲の人間から見れば、
欠点だと思うような部分があっても、
本人はそれに気付きません。

むしろ、それさえ可愛いと感じてしまいます。

 

特に、その新カノの外見が
彼のタイプに近かった場合には、
この傾向が更に強くなります。

何でも許せちゃう
そんなところでしょうか。。。

 

外見への興奮が冷め、内面の欠点に気付く

ところが、どんなに素敵な外見でも、
いつかは飽きがきます。

そして、飽きたと同時にやってくるのが、
内面への気付きです。

 

今まではデレデレだったから許せていたのが、
熱が冷め、欠点を欠点として認識し始めるのです。

すると、

  • 外見の魅力への相対的な低下
  • 内面の欠点による不快感

 

これら2つが同時に訪れることになるため
男性は一気に冷めに向かいます。

その結果、「やっぱ別れよう」かなと思うわけです。

 

元カノとの比較が始まる

で、次に現れる現象として、
今カノと元カノの比較が始まります。

男性にとっても、新しい女性を探すのは
労力のかかることなので、付き合える
可能性の高い元カノがまず頭に浮かぶわけです。

 

そして、既に不満を抱える今カノと、
過去の思い出として美化された元カノだと、

元カノの方が評価が高くなるケースが多くあります。

 

そういった男性の心境、状況もあり、
元彼からの連絡はチャンス」と言われるのです。

 

マイナス印象を残さない

ただし、ここで注意点があります。

それは、元彼にマイナス印象を残さない
ということです。

 

別れ際に縋ってしまい、
変な別れ方をするケースはよくあります。

ですが、そんな状態だとしても、
別れた後は連絡を我慢し、彼の
マイナス感情が薄れるのを待つべきです。

そうしないと、新カノに飽きた時に、
元カノに目を向けるのではなく、

全く新しい女性に向かっていってしまうためです。

 

そうならないためには、
彼が嫌がるような行為は一切せず、
あえて距離を置くことも必要になります。

 

冷却期間についてはこちらを参考に。
>>復縁を成功させるための冷却期間の活用法まとめ