元彼に何らかのアプローチをする時、特に
LINEやメールなどの連絡をする時が顕著ですが、

1度の結果に拘ってしまう方が多いです。

1度の連絡で良い反応が得られなかったとか、
相手が乗り気でなく落ち込んだ、など。

 

ですが、本気で復縁を目指したいなら、
もっと長期的な目線で捉えることが重要です。

 

一度の結果では判断できない

言われてみれば当たり前の話ではありますが、
1度のアプローチでは何も判断できません。

もちろん、最初から彼も乗り気で、
トントン拍子に復縁まで進んでしまえば、
これに越したことはありません。

でも、そんなケースはほとんどありません。

ほとんどのケースでは、
元彼に対して何度もアプローチを仕掛ける中で、
次第にチャンスが生まれるものです。

 

また、1度不発だったからといって、
その原因を自分のせいにするのも違います。

 

たとえば、元彼の今の状況が

  • 仕事が忙しく他の事を考える余裕がない
  • 新しい彼女がいて連絡を返しづらい
  • 趣味などに没頭している

こんな感じであれば、反応は薄くなります。

 

でもそれは、決してあなたのせいではなく、
タイミングが悪かっただけです。

自分を責める必要は全くありません。

 

「代数の法則」を心得ること

また、1度の結果に拘らないことに関連して
覚えておいて欲しい法則があります。

これは復縁活動に限った話ではなく、
すべてのことに通用する概念です。

それが「代数の法則」です。

 

代数の法則とは、簡単にいえば、
何度も試せば自然に確率通りに収まる
という理論です。

 

たとえば、

サイコロを振って1が出る確率は、
理論的には1/6になりますよね?

なのに、10回連続で出ないこともあれば、
3回連続で出ることもあると思います。

でも、仮に50回サイコロを振ったとしたら、
それが100回になったら、、、

自然と本来の確率に収まるはずです。

 

これは元彼の反応にも同じことが言えて、
タイミングや状況によって確率は変わります。

ある時は何度アプローチしても不発なのに、
ある時は急に元彼の反応が良くなる、
人生もそういう風にできています。

なので、何度も試す姿勢が重要です。

 

失敗を経験することで成功が生まれる

また、私たち人間は学び、成長する生き物なので、
失敗することで成功率が上がるようにできています。

先ほど例に出したサイコロであれば、
確率は常に1/6から変わることはありません。

ですが、人間は学びます。
失敗すればダメなところを修正して
次に活かすことができますよね?

なので、成功率は次第に高くなります。

 

電球を発明した偉大な発明家
トーマス・エジソンが面白い発言を残しています。

エジソン

 

エジソンは電球を発明するまでに、
合計で1万回の失敗をしたとされており、

やっとの思いで実験が成功したのち、
インタビュアーからこんな質問をされました。

 

一万回も失敗したそうですが、苦労しましたね

 

その時にエジソンが返した言葉が素晴らしい。

 

いえいえ、失敗ではありません。
うまくいかない方法を一万通り発見しただけです。

つまりエジソンは、
いつか発明できることを最初から確信していて、
ただ試行錯誤したと考えたのですね。

 

実は復縁もこれに似ています。

 

復縁のシナリオを考え、紆余曲折ありながらも、
ゴールに向かって淡々と進んでいく。

そういう人が復縁できるんですね。

なので、1度の結果だけに拘るのではなく、
長い目線、多くのトライで捉える癖
を身に付けておくと良いと思います。

 

あと、復縁のきっかけ作りにはこちらも参考に。

>>【難易度別】元彼との復縁に繋がるきっかけ18パターン