夫婦の復縁においては、
まだ離婚はしていないものの別居中で、
離婚の危機が迫っている方もいると思います。

夫婦間の復縁は、通常の恋愛のよりも
深刻であると思います。

だからこそ、本当に大事な事に焦点を当て
取り組んでいきたいものです。

 

そんな時に重要になるのが、
子供の存在です。

 

絶対的な繋がり

子供というのは、夫婦間で唯一
絶対的な繋がりであり、
否定できない存在です。

夫婦というのは、法律的には
繋がっているかもしれませんが、
生物学的には繋がっていません。

つまり、血の繋がりです。
子供にはそれがあります。

 

そのため、

あなたが復縁したい」と言うよりも、
子供が復縁を望んでいる」と言う方が
圧倒的に感情が動きやすいのです。

つまり、復縁する理由を、
子供を中心に考えるということです。

 

また、子供の側からしても、
両親が離婚しない方がいいのは、
言うまでもありません。

 

子供を中心に考えるとは、、

今あなたが旦那さんと復縁したい
理由は一体何でしょうか??

  • 1人になって寂しいから?
  • 金銭的な問題から?
  • 家事や育児の負担から?
  • 周りの目が気になるから?

 

これらを全て、自分の立場からの
視点ではなく子供の立場からの
視点で伝えてみてください。

 

1人になって寂しいのは、
あなた以上に子供の方です。

金銭的に苦しい状況では、
子供に満足な教育環境を提供できません。

離婚することで周りが気になるのは、
あなた以上に子供の方です。

いじめにも合うかもしれません。

 

このように、子供を中心に考えることで、
旦那さんは愛情罪悪感同情といった
感情により復縁しやすくなります。

 

人間は、他人の為だと頑張れる

また、子供を中心に考えることは、
復縁以上にあなたにも良い影響があります。

それは、頑張るモチベーションが保てる
ということです。

 

人間は、自分の為だけを考えると、
努力に限界がきます。

ですが、頑張る理由を他に持つことで、
頑張り続けることが出来ます。

 

シングルマザーのお母さんが、
必死になって頑張れる理由は、
子供を育てるためだからです。

もし自分を養うためだけならば、
そこまで頑張れていないと思います。

 

今のあなたが、
自分の為に頑張っているのなら、
その矛先を少し変えてみてください。

 

根本もまた、意識する

また、子供の力に頼りきるのではなく、
夫婦の問題を解決することも、
最低条件と言えます。

なぜなら、見せかけだけで復縁しても、
夫婦はおろか、子供もまた幸せには
なれないためです。

根本の問題を解決することにおいては、
どんな復縁でも変わりはありません。

 

そもそも問題がどこにあるか分からない
という方は、他人に話してみるというのも
問題発見の糸口になるかもしれません。

>>他人に悩みを話すことで「ナラティブ分析」を活用しよう!