こちらの記事は連載になっています。
目次をご覧になる方はこちら。

>>復縁を絶対に成功させる5つの方法とは?

 

悩むし、さみしい。

復縁を考えると、やはりいろいろ悩んでしまうと思います。

本当に戻っていいのだろうか?

彼は忘れていないだろうか?

また振られるのではないか?

 

などなど考えれば考えるほど、不安が頭から離れませんよね?

そして、同時に猛烈に寂しさに襲われていると思います。

孤独ですよね・・・。

 

世界にこんなに不幸なのは自分だけじゃないか?」と、周囲の人が羨ましくも思えてきます。

この気持ちはとてもわかります。辛いと思います。涙がふとしたときに出てしまうと思います。

 

でもね、大丈夫。復縁は正しい知識があれば、誰にでもできることなのです。

どよ〜んと沈んだ気持ちも味わいながら、涙を拭いて読んでみてください^^

ゆっくりで構いませんから。

 

1、復縁本は買わない

当サイトでも、いくつか復縁の書評をさせていただいております。しかし、どの本も買わなくてもいいと感じてしまいます。

その理由は2つあります。

・復縁のプロが書いていない

・著者のセミナーやコンサルを売りたい

 

これらを意識して必要な情報だけを抜き取れるなら、復縁本を買って読んでみてもいいと思います。

ただし、30〜50冊は読み込むつもりでいましょう。

 

復縁のプロが書いていない

これは、出版業界の致命的なミスです。実際は、「恋愛に詳しい人」が書いてることがほとんどです。

料理屋で例えるなら、「フレンチもやって、中華料理もやって、和食もやっているシェフが、ケーキをつくって販売している

このような状態なのです。どうでしょう?本当においしいケーキでしょうか?

 

でしたら、「海外で10年もパティシエとして修行したシェフがつくったケーキ」の方が、よっぽどお金を払いたくなってしまいます。

行列に並んでもいいと思ってしまいますよね?

 

復縁本は、まさに前者の「おいしくないケーキ」状態なのです。

復縁本は読むことはできます。しかし、それだけで復縁できるとは思わないほうがいいです。

 

実際、私の知人で復縁本だけで復縁しようとした女性がいました。

彼女はそのまま鵜呑みし、7か月という時間をかけたのに、復縁できませんでした。

さすがに著者名をあげることはできませんが、そこそこ有名な方が書いていたものです。

こんなことが平気で起こるのです。

 

著者のセミナーやコンサルを売りたい

額然とする事実ですが、これは本当です。出版業界では、すでに当たり前のように行われています。

書籍もビジネスですからね。

本を買った人から、またお金を取りたいのです。もちろん、全ての書籍がそうとも限りません。

 

が、しかし。

 

恋愛関係の本には、比較的コンサルにつなげたい風潮が強い気がします。

悩みが深い分、対面でコンサルしたほうが解決しやすいのは事実です。

 

ですが希望を持って買った本なのに、結局何をしたらいいかわからない本が多いです。
(ですから、コンサルの申し込みが殺到する訳です・・・。)

 

これは、消費者をなめています。

意図的に分かりにくくしていると言っても、言い過ぎではないと思います。

だったら、インターネット等でコンサルを販売するべきです。

 

本1冊で全てが解決できるような、魂がこもった書籍を本屋におくべきだと思います。

私は復縁本や恋愛本はかなり読みました。しかし、読み終わるとガッカリするケースが少なくありません。

あなたはムダにお金を使う必要はありません。

・・・

続きはこちらです。

 

>>復縁を絶対に成功させるには?【2、反省は終わりにする】