元彼との別れの原因がいまいち分からず、
日々迷ってはいませんか?

別れの原因を分析するにはポイントがあります。
ただボーッと考えていても答えは出ません。

では、どういったポイントで分析するのか、
その他注意点も話していきたいと思います。

是非、参考にしてみてください^^

 

別れの原因との向き合い方

別れの原因を考えるにあたり、
まずは向き合い方から確認してください。

人間は自分で意識したものしか見えないので、
どう向き合うかは非常に大事です。

 

たとえば、

私のどこが悪かったんだろう?
という自分視点で考えてしまうと、
なかなか問題点は見えてきません。

逆に、

彼は何を嫌がっていたのだろう?
という相手視点で物事を考えてみると、
自然と答えが見えてくるものです。

 

相手の立場になって考えるからこそ、
今までは見えなかったことが見えてきます。

 

別れの原因を探るポイント

別れを切り出される寸前まで、
彼が嫌に思っていたなんて気付かなかった。

そういう方は多いと思います。

確かに、彼の言葉やLINEだけを見ると、
いつもと変わらぬ素振りだったりします。

 

でも、身体の反応は違っていたと思います。

 

言葉やLINEというのは、
考えてから反応することが出来てしまいますが、
身体そのものの反応は反射的ですから、

本心が表に出てきやすいです。

 

たとえば、

  • 戸惑った表情を一瞬見せた
  • 一瞬黙り込む時間があった
  • 反応するまで時間差があった

こういった反応が見られた場合には、
彼の中で違和感や嫌悪感を感じたはずです。

 

どんな時にそういう反応があったのか、
ここで一度思い出してみてください。

 

また、仮にいつもと同じ反応だったとして、
反応が雑になっている場合にも、
嫌悪感を感じている可能性が高いです。

たとえば、今までは意見を出していたのに、
急に「何でもいいよ」と言うようになるなど。

この場合、彼女に対して面倒臭さを感じており、
相手に判断を任せてしまうことで、
その面倒から回避しようとしています。

 

まずはこういった、
彼が嫌な気持ちを感じたであろう瞬間“を
思い出してみることが大事です。

 

別れの原因を探る際の注意点

最後に、別れの原因を探る際の注意点ですが、
なんと言っても「本質」を見ることです。

本質とは問題の根本となる原因。
表面的なことに踊らされてはいけません。

 

たとえば、よくある例でいえば「束縛

彼氏が浮気しないか、他の女にいかないか、
心配になって彼の携帯をチェックしたり、
メールで居場所を確認したりなど。

もちろん、こういった事を続けていれば、
いつかは彼に限界が来て別れることになります。

 

じゃあ、別れた原因って、

携帯をチェックしたからでしょうか?
メールがしつこかったからでしょうか?

逆の質問をしますね。

もしあのとき携帯をチェックしていなければ、
今も順風満帆に付き合っていたでしょうか?

メールの頻度を減らしていれば、
今も幸せな交際ができていたでしょうか?

 

正直言って、結局別れていたと思います。

 

なぜなら、問題の根本にあるのは、
そういう1つ1つの行動なのではなくて、
依存」であり「自律心の欠如」だからです。

仮に携帯チェックを我慢したとしても、
メールの回数を減らしたとしても、
根本を解決しないと他でしわ寄せがきます。

 

なので、別れた原因を探っていく際は、
表面的な行動だけにとらわれるのではなく、
問題の根本に目を向けるようにしてください。

 

まとめ

別れた原因に目を向けるのは勇気のいることです。
誰だって悪者にはなりたくありません。

でも、

あなたが成長するためには、
過去の間違いはしっかり見直す必要があります。

 

逆にいえば、過去は過去。

さっさと悪かった部分を見つけ出して、
解決してしまえば良いとは思いませんか?

いつまでも1人でもんもんとしているほど、
勿体無いことはありませんよ!

 

これを機に、改めて自己分析に取り組んでみてくださいね^^

確実に自己分析をするならこちらです。
>>自己分析の最適教材「7ステップ」のレビュー【特典付き】