やっぱり、あの人じゃないと・・・

どうしても、考えてしまう将来。

まわりが結婚していくなか、「私はどうなるの…」と、急に不安に襲われる。

そんななか、ふと思い出してしまう元カレ・・・。

 

「あの人は元気にしているだろうか?」

ちょっと寂しくなって、連絡しようと思った・・・。でも、手が止まってしまう。

返信がなかったら、どうしよう・・・と。

 

これは、実際に私のもとに相談にきてくれた方が、赤裸々に語ってくれた当時の心境です。

(※ご本人の承諾をもらって掲載させていただいております。)

 

この気持ちは、とてもわかります。

私も様々な恋愛や離婚を通して、同じような心境を経験しています。

怖くて怖くて、ただただ時間だけが過ぎてしまいます・・・。

 

しかし、決して希望を捨てないでほしいのです。この世の中、「復縁して結婚」というパターンは存在します。

ですから、もしあなたが元彼を忘れられずに、ヨリを戻したいという気持ちが1ミリでもあれば・・・。ぜひ、この先を読み進めてほしいと思います。

 

国王が復縁結婚という事実

スクリーンショット 2015-05-18 17.06.20

あなたもご存知だと思いますが、イギリスの国王「ウィリアム王子」。

なんと、キャサリン妃とは交際中に一度別れているんです!

 

破局の理由は、
ウィリアム王子の女クセの悪さ。

そりゃ、将来は国のトップになるんですから、いろんな意味でモテたと思います。

そして、国の顔になってしまったら、派手な遊びはできません。

 

きっと、「今のうち〜」と思っていたのでしょうね。(この気持ちはわかります笑)

しかし、羽目を外し過ぎて、さすがのキャサリン妃もこれにはご立腹。

運命的な交際は、1度幕を閉じてしまいます。

 

しかし、キャサリン妃は復縁を企てていた?!

ウィリアム王子との復縁は、わずか6週間で達成されています。

その復縁は、実に巧妙です。

別れた後すぐにプライベートを充実させ、彼を考える時間を圧倒的に減らしています。

 

また、自分磨きに励んでいます。「次に会ったときに後悔させる」という執念を感じますね。

その間、おそらくウィリアム王子と連絡は一切取っていないでしょう。

 

このようにあえて放置しておくことで、彼は前の女性を思い出しやすくなるのです。

ここまで、復縁の鉄板ともいえる行動をとるとは、交際中から復縁して結婚するシナリオを考えていたのでは?と思うほど。

 

まぁ、よくよく考えると、そうでないと、主要国の王妃は務まりませんね。

>>キャサリン妃だってウィリアム王子と復縁して結婚した!世界レベルの復縁テクニックとは?!【前編】

 

男性は「シングルタスク」だということを忘れるな!

当サイトで、何度もお伝えしている「男性心理」。

心理は脳の働きから起こる科学現象ですが、とりわけ男女の脳には決定的な違いがあります。

 

それは、男性は右脳と左脳を繋ぐ脳梁(のうりょう)が狭いということ。これによって、男性は「同時平行に進めていく」ことが苦手です。

 

例えば、

・料理をしながら電話

・パソコンを打ちながら会話

・メールを打ちながらラジオを聞く

 

こういったことは、男性はほとんどできません。脳の構造上、1つずつしか物事を処理できないのです。

しかし、その代わり「1つのことに集中する力は強い」のです。

 

学者、教授、社長などに男性が多いのもそれです。これは、物事ではなく生活面にも現れてきます。

 

生活でも何かに集中したい

よくありがちな話が、彼の仕事が忙しくて別れるということ。

この場合、彼は「仕事のことしか考えられない」状態なのです。

 

ですから、次の旅行の計画、記念日、さらには自分の誕生ですら忘れてしまいます。

これは、前述した脳梁(のうりょう)が狭いことが原因です。

本人に悪気はないのです。

 

あなたを忘れたわけでも、嫌いになったわけでも、飽きたわけでも、面倒になったわけでもないのです。

ありがちなのが、ここで女性がワガママを言ってしまうこと。だいたいこれが、破局の原因です。

 

男性にとっては予期せぬ事態なのです。なんで怒ってるんだ?となるわけです。

 

仕事以外にも集中する

例えば、男性は趣味であっても集中します。

 

友人で山が大好きなやつがいるのですが、毎週、どこかの山に1人でキャンプしています。

夏になると、週末はほとんど富士山に行っています。

 

この彼は、山登りに行く途中〜下山までは、ほとんど携帯を触ることはありません。

ですから、私でも週末はほとんど連絡がつきません。

これが、男性脳(シングルタスク)の驚きの機能なのです。

 

さすがに山に集中し過ぎだろう〜と思っていたのですが、よくよく考えたら・・・彼は上場企業の研究者。

そうだよね。と、男である私でも、気長に連絡を待っています。

 

男性の特徴を理解すれば、復縁確率は高くなる

人間関係ですから、必ず●●が正解ということはありえません。

ですが、シングルタスクのような男性心理の本質を理解しておけば、復縁に向けてのただしいステップは見えてくるのです。

 

私がオススメしている7ステップ製作者の小澤さんは、復縁率が80%を軽く超えています。

人間関係に確率を用いるのも難しい話ですが、ほぼ復縁できていると考えると、素晴らしいマニュアルです。

 

長くなりましたので、次に続けます。

1 2 3